沖縄復帰40年   

2012年 05月 15日

 沖縄県が本土に復帰してから、今日で40年を迎えます。日本が主権を回復した1952年には、米軍基地の9割は本土にありました。それが、国内・本土の基地集約が進みその後、沖縄への移転が多くなったのです。沖縄県に復帰した当初は59%だった米軍基地が、今は74%にもなっています。本土のツケを沖縄県に押し続けてきたのです。40年経っても、沖縄県の負担は何ら軽減されていないのがよくわかります。特に、世界一危険な米軍普天間飛行場の移設問題で、民主党政権・鳩山由紀夫元首相の県外、県内の定義がことごとく迷走し、沖縄県民を失望させました。その迷走・鳩山由紀夫元首相が、何故か記念式典に出席しました。不可解極まりないことであります。またもや暗くて重い空気を沖縄県に持ち込んだのです。今の政治が変わらなければ、沖縄県も変わることはないのです。我々国民も、観て見ぬ振りをしてきた責任は大いにあります。沖縄県復帰40周年に想うことです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

# by junshoji | 2012-05-15 17:35 | 住職日記

日中関係   

2012年 05月 14日

 日中韓サミットが、中国で開催されていました。その間に、野田総理と温家宝首相が会談しています。日中国交正常化40周年の節目を迎えていますが、日中間には、さまざまな問題があり、この度の野田総理と温家宝首相との会談では、尖閣諸島問題をめぐって激しい応酬となりました。小生思うに、諸問題を解決してゆくには、時には激しいぶつかり合いがあるものです。なければ解決しません。ことに国としての領土問題は、お互いの主張が飛び交います。日本の立場において、尖閣諸島は日本固有の領土であることは歴史的に見ても明確であります。中国も尖閣諸島は、資源確保の上でも譲る考えはないでしょう。しかし、日本は絶対に後退りしてはいけません。当然の主張を変えることなく、日本の側から中国の強気の姿勢を変えてゆくのです。野田総理には、一歩前進した強いメッセージを中国に発信してほしいものであります。尖閣諸島問題解決に向けて、ことあるごとに日本から積極的にアピールしてゆくべきです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

# by junshoji | 2012-05-14 16:13 | 住職日記

母の日   

2012年 05月 13日

 母の日と云えばカーネーションです。巷の花屋さんでは、カーネーションがいっぱい飾られ売られています。最近のカーネーションは、白や赤だけではなく、なんと7色・虹色のレインボーカーネーションが人気で、よく売れているそうです。このレインボーカーネーションは、オランダで開発され、染料を茎に吸わせて発色させるそうです。値段も1本1200円もし、赤のカーネーションの約3倍です。母の日は、日頃の母の苦労をねぎらい母へ感謝の意を表す日であります。5月の第2日曜日に祝うのは日本とアメリカだけで、例えば、スペインでは5月第1日曜日、スウェーデンでは5月の最終日曜日になるそうです。もともと母の日は、亡き母を偲び記念日を設けて白いカーネーションを贈ったのが、母の日の起源です。折しも今日は、小生の亡き「母の命日」でもあります。「母の日」と重なりました。生きている間・元気な時に、気持ちを込めて贈ることができなかった白いカーネーションを、お供しました。お母さんありがとうございます。落ち着いて素直になれる、有り難い母の命日・母の日をいただいております。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

# by junshoji | 2012-05-13 17:13 | 住職日記

多事凡語   

2012年 05月 12日

 最近国会議員さんへの苦言ばかり書いていますが、今日も書かずにはおれません。政権与党・民主党が、10月に祝日を集めて土・日合わせて5連休・通称シルバーウィークにしようと検討しています。ズバリひとこと申しあげたいのです。単なる選挙目当てのパフォーマンスはやめ、議員自らの身を切る覚悟が先です。野田総理が、クールビズでネクタイを着けようかそれともやめようかと、悩んでいるそうです。失礼ながらネクタイで悩む前に、消費税増税法案審議・成立に向けて、心身を引き締めることが一番よろしいかと思います。さて、第一生命・サラリーマン川柳コンクールから、「サラリーマン 造反したら 戻れない」もう一句、「このオレに あたたかいのは 便座だけ」素晴らしい。小生にもこういう才能があればと思います。もうひとつ。大型家電量販店5位のビックカメラが6位のコジマを買収、傘下に収めました。日本製のパソコンやテレビが売れなくなり、また値下げしている影響が理由です。これからは、単なる家電だけを売るのではなく、行くだけで楽しい・観るだけでもおもしろい、笑顔あふれる店内作りをめざしてほしいと願います。言いたい放題の多事凡語でした。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

# by junshoji | 2012-05-12 18:32 | 住職日記

外遊費アップ要求   

2012年 05月 11日

 あの東日本大震災から1年2ヵ月になります。肌寒い1日となりました。衆議院では、与党・野党ともに海外派遣=外遊費の予算アップを要求しています。政権与党・民主党の提案は今の4.5倍のなんと年間20億円です。ゴールデンウイーク・大型連休には、与野党こぞって我も我もと外遊していました。何の自己負担もなく。何のために行くのか。また成果とも云うべき議員自身からの詳しい報告書すらなく、官僚任せです。消費税増税法案をめぐり、野田総理をはじめ国会議員は、自らの身を切ると明言しています。また、子育て法案の財源確保も明確にできていない状況なのに、この期に及んで予算増額を堂々と検討要求しているのです。国民の生活の安定のために働いている公僕であることを、与野党の国会議員は忘れているのです。そういう議員を選んでしまっている、我々国民にも責任があり、信頼がなく、また情けなく思います。言動と行動が伴わない国会議員は、歳費をもらう資格はありません。乱筆乱文をお許しください。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

# by junshoji | 2012-05-11 18:17 | 住職日記