寺という漢字   

2019年 02月 27日

 お寺・『寺』とは、『止まる』と『手』が組み合わさった文字であると言われています。
中国・漢の時代に、西域から来た僧侶を接待した場所を『寺』と言うふうになりました。つまり、『寺』という文字は、接待する様子を表します。『寺』の建物を寺院と言うようになりました。
『寺』がついた文字がいろいろあります。
例えば、侍・持・待・時・詩・特・等などがあります。
漢字は奥深い意味が込められており、知れば知るほど楽しく・おもしろくなります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20130426.jpeg

# by junshoji | 2019-02-27 20:11 | 住職日記

茶会   

2019年 02月 26日

 今日も春を感じる暖かい一日となりました。
さて、茶会と言えばいろんなところで行われていますが、昨日から、皇居・宮殿で茶会が開かれています。
天皇、皇后両陛下が主催され、昨日は、安倍晋三総理大臣をはじめ国会議員、今日は、午前中に平成を彩った各界の有名人が招かれました。
午後からは、駐日大使らを招かれました。合計740人の方々が招待されたそうです。
天皇陛下の即位30年にあたり、両陛下が感謝の意を表す場として開かれています。
この茶会は10年ごとに開催されています。
会場内には、法衣を着た僧侶も招待されていました。
ちなみに、ドレスコードはフォーマルでしたが、僧侶の法衣はフォーマルとして認められています。
また、出席者には、記念品として、京都で作られた最高級品の金平糖が贈られたそうであります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_21231459.jpeg

# by junshoji | 2019-02-26 21:22 | 住職日記

反対・7割   

2019年 02月 25日

 沖縄県で昨日県民投票が行われました。
アメリカ軍普天間飛行場の移転計画先、名護市辺野古沿岸部の埋め立て工事の是非を問う県民投票でした。
投票率は、なんと52.48%でした。
結果、反対票が、429.925票ありました。
昨年9月の沖縄県知事選挙で得た過去最多の396.632票を超えたのです。
つまり、最高の関心が持たれ、沖縄県民が投票した結果なのです。
今、安倍晋三政権のもとで工事が強行されていますが、今後どう対応するのか注目されます。
これまで、沖縄県民の皆さんが、長きにわたり耐え忍んだ苦しみを、私たちは今知るべきではないでしょうか。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_22163986.jpeg

# by junshoji | 2019-02-25 22:15 | 住職日記

暖かい   

2019年 02月 24日

 2月も気がつけばもう下旬です。後5日で2月も終わります。
今日も日中は暖かくなりました。
鳥たちもさえずりながら飛び回っていました。
ある方がおっしゃっていましたが、鳥たちは、これからの子育てのために餌集めに必死だそうです。
春が待ち遠しいのは、人間だけではありません。生きとし生きるすべてのいのちが本格的な春を待ち望んでいます。
しかしながら、奈良のお水取りまでは、三寒四温となるでしょう。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_23174237.jpeg


# by junshoji | 2019-02-24 22:17 | 住職日記

蓮の音   

2019年 02月 23日

 本日午後2時より、浄土真宗本願寺派神戸西組による音楽イベント・蓮の音が開催されました。佛教と音楽を融合して、楽しくお寺で慣れ親しんでいただこうと企画いたしました。
お寺は本来開かれた場所であるはずです。
約150名を超える有縁の方々がご来場くださいました。
皆さんありがとうございました。
また、スタッフの皆さんお疲れさまでした。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_23374072.jpeg
d0184114_23375311.jpeg
d0184114_23381207.jpeg
d0184114_23384757.jpeg
d0184114_23393474.jpeg


# by junshoji | 2019-02-23 22:37 | 住職日記