大晦日   

2018年 12月 31日

 今年・平成最後の年30年も今日で終わります。
今年は、何と言っても災害の多い年でした。地震・台風・豪雨等々。いまだに被災地では、大勢の被災者が不自由な生活を強いられています。
小生にとっては、来年還暦を迎える前に体力の衰え・老いを感じる年でもありました。しかしながら、今年一年無事に過ごせたことに感謝せずにはおれません。
さて、『一年で一番好きな日は、大晦日だと思う』。というある作家さんのエッセーが新聞に紹介されていました。
うなずけます。お正月の3日間はあっという間に過ぎ去ります。大晦日は、いろいろ考え、整理して、新年を迎える準備をするのが楽しいのです。
そして、『来年こそ善いことが起きますようにと願い・期待する』のも大晦日ではないでしょうか。
大晦日の夕陽を拝み、除夜の鐘を聞きながら、感謝し、心静かに時の流れを感じたいと思います。
有縁の方々におかれましては、今年も大変お世話になりありがとうございました。
毎日ブログを読んでくださり深く感謝申しあげます。
来年も何卒ご指導よろしくお願い申しあげます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_19375630.jpeg

# by junshoji | 2018-12-31 19:36 | 住職日記

老いる国家   

2018年 12月 30日

 今日は30日・みそかとなりました。
一段と寒い朝を迎えました。
さて、人は誰しも時・時間の経過と共に老いるものですが、ある新聞に国家・国も老いるという記事が載っていました。衝撃的です。
今や日本国は、超高齢化社会になっています。
また、出生率は年々減り続け、人口が減って来ています。人口減少が加速しています。
新聞記事によりますと、今年だけで日本人がなんと45万人が消えた・減ったというのです。
これは、長崎市や富山市が丸ごと消えた規模になります。と同時に、国民が老いてゆく。
全人口を年齢順に並べると1965年には、27.5歳が真ん中・中位数でした。それが、2015年には46.7歳になっています。これから半世紀・約50年後には、55.7歳が真ん中になると推測されています。
人口減少と少子高齢化の崖を世界一の早いペースで転がり落ちる。と表現しています。
これは人類史上初めての出来事が起きている。とも言っています。
人の老いとは違って、国・国家の老いを防ぐ対策は容易ではないのです。これまでの考えだけでは追いついていけません。
これから街に空き家が増えて、病院も薬局も無くなり、あらゆるお店が閉店し、人がいなくなる街に変貌してゆくのです。
深刻な問題を抱えながら、私たちは新年を迎えます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_21185457.jpeg

# by junshoji | 2018-12-30 21:18 | 住職日記

帰省   

2018年 12月 29日

 今日も一段と寒くなりました。
足元が異常に冷えます。
日本海側や山沿いでは、大雪となり風も強く猛吹雪となっているところもあるそうです。
新幹線は、大雪の影響で遅れています。
今、帰省のピークとなっています。
この時期、帰省も大変です。
また、年末年始を海外で過ごす方が、関西空港からは約7万人、成田・羽田空港からは約8万人が出国されたそうです。
寒さも今日がピークで、明日は少し寒さも緩むそうです。
どうか事故のないようご移動ください。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_19571652.jpeg

# by junshoji | 2018-12-29 19:55 | 住職日記

極寒   

2018年 12月 28日

 今日は世間では仕事納めです。
朝から厳しい寒さとなりました。
神戸でも初雪が観測されました。
年の瀬、帰省されたり行楽地へお出かけされる方が多いと思いますが、積雪・大雪の影響で交通渋滞や交通機関の遅れ・乱れが発生するかも知れません。
今年もあと3日となりました。
何かと気忙しい時期かと思いますが、慌てず、事故のないよう気をつけていただきたいと思います。
自身にも言い聞かせています。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20280492.jpeg

# by junshoji | 2018-12-28 20:26 | 住職日記

ローマ法王来日予定   

2018年 12月 27日

 ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は、来年・2019年末に日本を訪問するそうです。
今、ローマ・カトリック教会には、日本人の枢機卿がおられます。フランシスコ法王に面会した時に、フランシスコ法王ご自身が述べられたそうであります。
被爆地・広島と長崎を訪問されるそうです。
今年の新年のご挨拶で、フランシスコ法王は、長崎県で被爆したある少年の写真をポストカードにして参拝者全員に配ったそうです。
この写真は、少年の弟さんが原爆で亡くなり、火葬される順番を待っている姿です。フランシスコ法王は、この毅然とした少年の姿に非常に感動されたそうであります。これこそ日本人の尊い姿・文化だと讃えられました。そして、二度と原爆が投下されることがないよう、祈られました。
私たちが気づかない大切なことをローマ法王・フランシスコ法王は教えてくださったのです。
小生もその写真を大事にして、常に手元に置いて拝んでいます。
深く感謝せずにはおれません。
大変有り難いご縁をいただいているのです。
ありがとうございます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_00061791.png

# by junshoji | 2018-12-27 21:05 | 住職日記