改造と検査   

2019年 09月 11日

 久しぶりに、定期通院先の医院・クリニックで、採血・胸部レントゲン撮影・内臓エコー検査・胃カメラを鼻から入れて食道・胃等の検査等を行なっていただきました。
当初、採血だけお願いするつもりでしたが、主治医の先生のお勧めにより、急遽、受けることになりました。幸いに、昨夜、夕食以降絶食していたので、お忙しいなか準備していただきご丁寧に検査してくださいました。
お腹周りは脂肪に囲まれて、肝臓がよく見えませんでした。エコー画面を見ながら説明くださいました。
胃カメラは今回も鼻から挿入しましたが、最新の胃カメラは、鮮明な画像を自身の眼で見ることができました。
さて、そんななか、第四次・安部内閣再改造内閣人事が発表されました。あの小泉進次郎衆議院議員・38歳が、環境大臣として初入閣しました。
颯爽と首相官邸に入る小泉進次郎衆議院議員は、将来の総理大臣を彷彿とさせます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20584681.jpeg

# by junshoji | 2019-09-11 20:59 | 住職日記

厳しい猛暑   

2019年 09月 10日

 九月ももう10日になりました。
来週は秋のお彼岸入りになります。
しかしながら、季節はまだまだ真夏日。厳しい猛暑が続いています。
昼間は、40℃超えており、酷暑と言えるでしょう。
皆さんお疲れが出始めています。
こういう時は、できればじっとしているのが賢明ですが、そういうわけにもいきません。
この暑さももう少しでしょう。と思いたいものです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20192094.jpeg

# by junshoji | 2019-09-10 20:18 | 住職日記

イノベーションの加速   

2019年 09月 09日

 ある新聞に掲載されていましたが、AI(人工知能)は、日々進化し続けています。それも加速しながら進化しているのです。
AI(人工知能)は、膨大なデータ=ビックデータを用いて、ディープラーニングと言われるように、AI(人工知能)自ら学習しているのです。それは、人間の知能・能力をはるかに超えているのです。ビックデータに学んだ末に、私たちが及ばないことをAI(人工知能)は自ら考え出すらしいです。
それが顕著に表れたのが、将棋ソフトや囲碁ソフトです。時に思わぬ奇策・手を考え出すらしいです。
今や将棋界は、将棋ソフト・AI(人工知能)によって練習・訓練しているのが現状です。
つまり、師匠は人間ではなく、AI(人工知能)なのです。
こういう現状を私たちはどう受け止めたらいいのでしょうか。
AI(人工知能)によるロボット技術の進化によって、医療も診断・手術も行われています。
これはもう私たちは、AI(人工知能)によって、管理され導かれている日が現実にもう来ているのではないでしょうか。
改めて私たちは、「人間とは何か」と考え、問うてゆく時間を持つことが、いま必要ではないでしょうか。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_02460692.jpeg

# by junshoji | 2019-09-09 21:45 | 住職日記

九月の酷暑   

2019年 09月 08日

 昨夜も蒸し暑く、エアコンのタイマーをセットして就寝しました。
夜明け前、窓を開けて再び寝床につきましたが、しばらく心地よい風が通りました。
しかしながら、日の出を迎えると、急激に温度が上がり蒸し暑くなりました。
午前中、10時ごろには、すでに32℃を超えていました。
下記の写真は、我が家の三階中庭の温度計です。午後2時過ぎ、異常な暑さを感じて、ふと温度計を見ると、なんと40℃をゆうに超えていたのです。日差しも猛烈にきつく、中庭に、2、3分いるだけで、汗がふき出し、気分が悪くなりそうでした。
もう九月です。この異常な暑さはなんでしょうか。台風が運んで来た熱風なのでしょうか。昼間、街中は異常な静けさでした。
外に出ること事態、命の危機を感じます。
「暑さ寒さも彼岸まで」。この昔からの言い伝え・教えが死語にならないことを願わずにはおれません。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_21360127.jpeg

# by junshoji | 2019-09-08 21:35 | 住職日記

人口減少   

2019年 09月 07日

 今、神戸市は人口減少に歯止めがかかりません。特に、須磨区は顕著に表れています。そのなかで、須磨区の名谷駅・名谷は深刻な状態です。
阪神・淡路大震災以降、しばらく名谷は人口が一時的に人口が増えました。被災された方々が名谷に移り住んだのです。
しかしながら、その後、人口は減少し続けています。街なかでは子どもさんをほとんど見かけません。名谷団地内の小学校は、ほとんどがひとクラスだそうです。6年間ひとクラス・一緒なのです。これが原因で引っ越しを考える若い世代のご家庭が益々増えてしまったのです。いずれこのままでは、確実に須磨区は消滅することでしょう。
神戸市は、人口が前年比で、6235人減りました。全国の市町村のなかでは、人口減少数が最大でした。深刻な状態・問題です。
ちなみに、明石市は若い世代の人口が増加しています。
今、神戸市では、「街のリノベーション」をテーマにいろいろ対策を考えているようです。
それは、安心・安全の街づくりであります。街灯や防犯カメラを増設するそうです。
小生思うに、それだけでは不十分だと思います。神戸の魅力をもっとわかりやすく大胆にアピールすべきではないでしょうか。
そして、目に見える子育て支援をもっと大幅に増やすべきです。
「神戸に移り住んだらこんないいことがある」。と言ってもらえるような施策を考え・即実行すべきではないでしょうか。
街の魅力は、善き歴史を残しながら新たに作るものです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20190718.jpeg

# by junshoji | 2019-09-07 20:17 | 住職日記