<   2020年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

梅雨入り前   

2020年 05月 31日

 5月も早いもので、今日で終わります。

五月晴れも続きましたが、今日は雨でした。雨が降ると急に湿気が多く感じられます。九州ではもう梅雨入りしています。

明日から6月ですが、関西もそろそろ梅雨入りとなるでしょう。
また蒸し暑い時期になります。


新型コロナウイルス感染拡大にはより、マスク着用が普通になり、慣れてきましたが、意外とマスクは暑いものです。

これから、夏用のマスクも出てくると思いますが、早く出してもらえないかと待ち望んでいます。

兎にも角にも、明日から6月です。

新たな日常に、暑さと共に身体を慣らしてゆきたいと思います。

合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
梅雨入り前_d0184114_21162275.jpeg

by junshoji | 2020-05-31 21:15 | 住職日記

選択   

2020年 05月 30日

 いよいよ明後日から、緊急事態宣言前に戻ります。兵庫県では、これまで行われてきた休業要請をすべて解除します。

そんな最中、北九州市では、第二波のように感染者数が増加しています。不気味です。

兵庫県はそういう心配はないと、誰も言いきれません。
感染者数が増えて、万が一、再度の緊急事態宣言を発しても、当初のような効果・緊張感はなく、あまり意味がなく、届かないでしょう。

新型コロナウイルス感染拡大は、目に見えないものがもたらした自然災害と言えるのではないでしょうか。

経済を優先するか。もしくは、緊急事態宣言のように感染拡大防止に専念するか。

どちらも命に関わる問題であります。

むずかしい舵取りです。

どちらかの選択にも、大きなリスクがあると言えるでしょう。

新型コロナウイルスによって、ニューノーマル・新しい日常が始まりました。

これから、感染者数が落ち着いてきても、秋から冬にかけて、新たな感染者増・大きな波が必ずやって来ます。

そのためにも、今以上に十分な医療体制を整えるべきです。神戸市でも、新型コロナウイルス感染症専門病院を早急に作ることを強く望みます。

それに合わせて、徹底的に、PCR検査を行なって、PCR検査証明書なるものを発行してほしいとも思います。

感染しているかどうかわからない不安が、経済活動を低迷させてしまいます。

ワクチンが接種できるまで、献血場所等の身近なところで検査ができればと最適だと思います。

経済が大不況に陥らないよう、今からやれることはなんでもやってゆく。

それが、安心・信頼に繋がります。

合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
選択_d0184114_21214909.jpeg

by junshoji | 2020-05-30 21:19 | 住職日記

新たな日常   

2020年 05月 29日

 今日も五月晴れでした。

所用があり、お昼過ぎに三宮センター街を歩きましたが、大勢の人が出ていました。
ほとんどの人はマスクを着けておられました。
マスク着用がなければ、新型コロナウイルス感染拡大前の日常のようでした。

しかしながら、時代は変わったのです。

まだアフターコロナではありませんが、新たな日常は、もう始まっています。

来週6月1日から、休業要請は全国的に全面解除となります。

そんななか、新型コロナウイルス感染者は、少なくはなっていますが、毎日のように報告されています。

今、北海道に続いて、北九州市では、クラスター・集団感染が発生しています。

お隣の国・韓国でも、同じようなことが起こっています。

今日もそうですが、五月晴れの時期は、空気は乾燥しており、ウイルスが一番嫌うと言われる紫外線も強くなっています。

6月は、梅雨の時期です。
これから雨が降り、湿気が多くなり、それに合わせるかのように、自粛解除によって、人が動き、接する機会が増えれば、これが、ウイルスの思う壺です。

巷にはまだウイルスはいます。

今は人の身体に入って、じっとしているのかもしれません。

ウイルスは見えないけれど、身近にいることを決して忘れてはなりません。

次の感染拡大は、よりウイルスは強くなり、感染すれば症状が急変するかもしれません。

常にウイルスを意識して、付き合ってゆくしか、今のところ手立てはないと思います。

合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
新たな日常_d0184114_20090421.jpeg

by junshoji | 2020-05-29 20:07 | 住職日記

本堂でご法事   

2020年 05月 28日

 五月晴れの爽やかな一日でした。

新型コロナウイルス感染拡大によって、法事をお勤めする家が少なくなっています。

そんななか、順照寺の古い檀家さんが、是非、こういう時だからこそ、お寺・本堂でご法事をお勤めしてほしいと、今日、お昼前に有縁の方々が集まり、十七回忌のお勤めをいたしました。

もちろん、住職をはじめ皆さんには、マスクを着けていただきました。

その後、三密にならないよう、風通しをよくして、精進料理もいただきました。

久しぶりの善きご法事のご縁をいただきました。

新型コロナウイルス感染拡大のなかでも、ご法事は安心してできることを教えてくださいました。
ありがとうございました。


合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
本堂でご法事_d0184114_19543614.jpeg

by junshoji | 2020-05-28 19:52 | 住職日記

休業解除後はより慎重に   

2020年 05月 27日

 兵庫県は、6月1日より、これまで休業要請を行なっていた深夜営業の飲食店等まで、一気に解除することを決めました。

三密を避けながら、感染拡大防止をしながら、いかに営業を続けるか、具体的なガイドライン等は出ていません。

今、九州の北九州市では、第二波と思われる感染者がじわじわと増えてきています。この約ひと月の間、感染者はゼロでした。約2週間前の自粛解除の影響が、数字として出てきています。

兵庫県も一気に解除は、戸惑いしかありません。ここまで必死に自粛して我慢してきました。一気に解除して万が一、新たな感染者が出ると、神戸の繁華街は深い致命傷になります。

特に、接客業には、細かいガイドラインが必要です。その準備や従業員の対応もすぐには無理ではないかと思います。

また、個々のお店が違った対応では、これまでのお客様はなかなか戻りにくいと思います。

新たな日常を迎えて、これを期に、新たな接客業を考案して、大胆に実践すべではないでしょうか。

安心して、信頼できるお店作り・接客が、新たな楽しみを生んでゆくことでしょう。

もう新しい時代は動いています。

合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
休業解除後はより慎重に_d0184114_20095237.jpeg

by junshoji | 2020-05-27 20:08 | 住職日記

見上げる   

2020年 05月 26日

 5月もあと5日あまりとなりました。

新型コロナウイルス感染拡大によって、世の中は変わりました。

いつの時代でも、良いこともあれば、都合の悪い時もあります。

気持ちは地に落ちたように沈みがちですが、地に落ちたら、はい上がるしかありません。

じっと上を見上げて、太陽の光を浴びて、前向きな気持ちで、少しずつ上がってゆきましょう。

迷いもあるかもしれませんが、自分自身を信じて行けば、笑顔と感謝の気持ちがあれば、必ず善きご縁を手にすることでしょう。

合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
見上げる_d0184114_21310114.jpeg

by junshoji | 2020-05-26 21:28 | 住職日記

節目   

2020年 05月 25日

 安倍晋三総理大臣は、午後6時から記者会見を行い、全国で緊急事態宣言を解除すると発表しました。

この約2ヶ月間、自粛が続きましたが、決して、今日、終息したのではありません。

未知の新型コロナウイルスは、これまでにないタイプの新しいウイルスです。
したたかに、生きる術を持ち備えています。

新型コロナウイルスは、まだまだ身近にいるはずです。

これまでの日常はもうありません。
新たな日常のなかで、新たな人との接し方が生まれました。

今日あたりから一気に人が出ていますが、しばらくは慎重な行動が求められます。

新型コロナウイルスは、私たちの行動をじっと見ているはずです。

合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
節目_d0184114_19395152.jpeg

by junshoji | 2020-05-25 19:37 | 住職日記

提言   

2020年 05月 24日

 昨夜、あるテレビ番組で、歴史学者・人類学者・哲学者の新時代への提言を述べておられました。非常に興味深い内容でした。

『新型コロナウイルス感染拡大によって、世界・社会全体を根本から考え直す時期だ』。と、人類学者は主張しました。

『新型コロナウイルス発生前の時代に戻ることはない』と言い切りました。『歴史的に見ても、その都度、社会は変わって来た』ことを歴史学者は語ります。

『これまで日本は、地震への対応に追われ、ウイルス対策の準備を怠っていた』。

哲学者は、哲学者のジョルジョ・アガンベンの言葉を引用して、『死者の権利がない』と主張しています。

確かにそうです。最近、感染者の数が減少しているとまず報道されますが、毎日のように、新型コロナウイルスで亡くなる方がおられます。

『葬儀も執り行われず、直送されるのは、亡くなられた方々を大事にしていない』。『葬儀もできないのは、まさに異常だ』。

『今私たちは、移動を制限されています。移動の自由がないのです』。『アフターコロナに、その反動が心配されます』。とも。

人類学者は、『地球は人類だけのものではない』。『アフターコロナになってもこれ以上自然破壊をすべきではない』。

あらゆる生命との共存をより強く感じて、新たな日常に変えてゆくべきでしょう。

新型コロナウイルスから学んだことは、教えとして後世に確実に伝えてゆかなければならないと強く思いました。

哲学者が、『常にあらゆる問いを持つことが大事だ』。一番身体・心に染み込んだお言葉でした。

合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
提言_d0184114_20211078.jpeg

by junshoji | 2020-05-24 20:20 | 住職日記

初夏   

2020年 05月 23日

 今日、断捨離と大掃除もようやく終わりました。

朝から気温が上がり、日中は、初夏を思わせる陽気となりました。

断捨離と大掃除の最後は衣替えでした。

冬物はセーター等は厚手でどうしてもスペースを取られますが、夏物は、収納衣料ケースが一つ空くほどかさばりません。

新型コロナウイルス感染拡大で、在宅時間が長くなりましたが、小生、断捨離と大掃除によって、おかげさまで、気持ちはスッキリしました。

これから、新たな日常を迎えて、新型コロナウイルスと共に、新たな人生を歩みたいと思います。

合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
初夏_d0184114_21083068.jpeg

by junshoji | 2020-05-23 21:05 | 住職日記

模索   

2020年 05月 22日

 例年ならこの時期は、総会が開かれる時期でもあります。
新型コロナウイルス感染拡大に伴い、いまだに開くことができていません。

昨日、大阪府・兵庫県・京都府に、緊急事態宣言は解除されました。

今日は、一気にあちこちのお店・百貨店等が開いています。それに合わせたように、どっと人が出て動いています。

しかしながら、新型コロナウイルスがなくなったわけではありません。
これから、第二波の感染拡大は必ず起こると思います。

三密を避けながら、人が集まりやすい環境を作ることは容易いことではありません。
そこには、必ず感染リスクが伴います。


これまでの常識はもう通用しません。
新たな時代・日常を迎えているのです。

それに合った新しい会合の在り方を模索し、実行してゆくべきではないでしょうか。

新型コロナウイルスは、身近にいることだけは忘れないようにしたいものです。

合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
模索_d0184114_19581811.jpeg

by junshoji | 2020-05-22 19:57 | 住職日記