<   2019年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧   

真夏日   

2019年 05月 24日

まだ五月だというのに、今日は全国的に真夏日となりました。各地で32℃前後と高い気温となりました。
しかしながら、街中は実際はもっと気温は高く、ビルに囲まれた街・アスファルトに覆われた街は40℃以上になりました。
神戸でも、2時ごろ28℃を記録しました。
熱中症で搬送された方も多かったみたいです。
毎年、真夏日が来るのが早くなっています。
これから梅雨入りもあります。豪雨とならないか心配されます。
兎にも角にも、身体がまずこの暑さに慣れていません。こまめに水分を補給しましょう。
皆さんご自愛ください。
合掌 善本秀樹 拝
d0184114_22402741.jpeg

by junshoji | 2019-05-24 22:39 | 住職日記

検査結果   

2019年 05月 23日

 先週、葬儀があり行けなかった西市民病院・耳鼻科へ、2週間前に撮ったCT検査の結果を定期健診を兼ねて行って来ました。
元々、幼い頃から耳・鼻が弱く、よく耳鼻科に通っていました。すぐに熱を出して中耳炎や内耳炎を患っていました。
特に左の耳は、何度も鼓膜を開けており少々難聴気味です。
鼻は全身麻酔で副鼻腔炎の手術を受けました。
この度の検査でその様子は、CT画像によくあらわれていました。
普段から疲れると左耳の下のあたりが異常を感じ圧迫感があります。
また、最近、坊守によく指摘されるのですが、よくいびきをかくそうです。
喉も急に声が出にくくかすれる時があります。
仕事柄、声が出なくなると困ります。
いずれも水分不足が一因だそうです。
老いを感じにはおれません。
主治医の先生に、いろんな症状をお話して、うなずきながら聴いてくださるだけで症状が和らぎます。これが一番のお薬になります。
感謝せずにはおれません。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_23090240.jpeg

by junshoji | 2019-05-23 22:08 | 住職日記

確率   

2019年 05月 22日

 ネットに興味ある記事を発見しました。
それは、『宝くじ1等6億円に確実に当たる方法』というタイトルでした。
結論から言うと、宝くじ1等6億円に当たる方法は実に簡単です。それは、一ユニットすべて買えばいいのです。前後賞も三等以下全部当たります。
ただし、費用はなんと30億円かかります。
宝くじに当たる確率は、非常に低いのは誰にでもわかっています。
冷静に判断すると、ジャンボ宝くじは、一ユニット・1000万枚あたり一等はわずか1本です。
実は一等当選確率は、一枚あたり1000万分の1なのです。
これは、記事によると一年あたり交通事故で亡くなる確率より低いそうです。
それでは何故宝くじを買うのか。誰しも宝くじを買うと当たると思って買っています。自分だけは当たると思い込んでしまうのです。それとは真逆に交通事故にまさか自身が遭遇するとは思っていないのです。
これが、私たち人間の感情・願望、欲望なのです。人間本来の愚かさであります。
勝手に宝くじの確率を高くしているだけなのです。
ギャンブルとして考えると、宝くじは最悪だと言えるそうです。ただ、宝くじの収益金を、もっと災害復興等に重点的に使うべきだとしています。小生は子育て・育児支援に使うべきだと思います。
最後に、大変お恥ずかしいことではありますが、正直に小生も宝くじを買ってしまいます。
生きている以上この願望・欲望を抑え、愚かさを知る努力が必要だと思わずにはおれません。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20135321.jpeg

by junshoji | 2019-05-22 20:12 | 住職日記

報恩まつり   

2019年 05月 21日

 本日午後一時半より、神戸文化中ホールにて、第46回・宗祖親鸞聖人・報恩まつりが開催されました。
これまで、報恩まつりは、神戸文化大ホールで開催されていましたが、神戸真宗連盟理事長云く、身の丈にあった行事を目指して経費削減・無駄を徹底的に省き、今年から神戸文化中ホールで開催するにことに至りました。
この宗祖親鸞聖人・報恩まつりは、親鸞聖人のお誕生日を祝う大会です。
神戸市内の寺院が集結して、式衆並びに聖歌隊による勤行・讃歌を式典に盛り込んでいます。
令和元年・新しい時代に合わせて、神戸真宗連盟も変わってゆかなかればなりません。
有縁の方々におかれましては、ご指導・ご理解を賜りますようお願い申しあげます。
実行委員の皆さんお疲れさまでした。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_00321134.jpeg

by junshoji | 2019-05-21 22:30 | 住職日記

アルコール   

2019年 05月 20日

 小生は現在煙草は吸いませんが、お恥ずかしいことですが、多少お酒は飲みます。
生半可な知識かも知れませんが、世界的にも見ても、お酒がコンビニエンスストアやスーパーで手軽に買えるのは日本だけだそうです。ましてや自動販売機でお酒が売られているのを見て外国人はびっくりされます。昔は酒屋さんしかお酒は買えませんでした。
また、テレビコマーシャルで特に夜家族団らん時間帯にビール等が派手に美味そうに宣伝されています。
今、薬物依存の一つとしてアルコール依存症が問題になっています。
お酒も程よい酔いなら身体には良いそうです。その量は、ビールなら中瓶一本、ワインならグラス二杯、日本酒なら一合までと言われています。それ以上飲み続けると、身体も頭もダメージを受けて依存しやすくなります。
小生も経験がありますが、二日酔で身体がだるくムカムカする時があります。そんななか、夜またお酒を飲んだ瞬間、身体がなんかスッキリしたような感じになる時があります。その時は前日のような酔いをあまり感じません。これは明らかにアルコールに依存している証だそうです。
頭がアルコールを自然に求めている姿・依存なのです。
日本では、一気飲みが一時流行りました。
最近では、飲み放題いという宣伝が目立ちますが、西洋では禁止されています。
あるお方が、「お酒があるから場が和むんだ」と言われました。一理あるでしょう。
これは、医者である弟から聞いた話ですが、イスラム教では、飲酒が禁止されています。しかし、イスラム教の国でも乾杯があるそうで、なんとヨーグルトで乾杯する国があるそうです。ヨーグルトでも十分に場は和らぎ、酒席よりも活発な議論ができたそうであります。
お酒は飲み方によってよい薬にもなりますが、飲み過ぎると毒になるのです。
このことだけは忘れずに、我が身を大事にしたいと思います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20403570.jpeg

by junshoji | 2019-05-20 20:39 | 住職日記

疲れ   

2019年 05月 19日

 久しぶりに体調を崩しました。ここ一週間ほどですが、京都へ行ったり、連日の会合もありストレスも重なり、また、意思の弱い小生は、流れにまかせてついつい帰宅時間が遅くなる時もありました。睡眠不足も否めません。これが2、3日続くと眠気を常に感じますが、身体の疲れをさほど意識しないようになります。これは頭も身体以上に疲れているのです。
身体は正直であります。この疲れ・しんどさは、自身への危険信号・警告なのです。こういう時は、あまり動かずじっとしているのが一番だと思います。
自身の身体に無理をさせた。申し訳ないという気持ちになります。
この私の身体は、約40兆もの細胞が、昼夜に関わらず一生懸命働き、常に再生を繰り返しながら維持しているのです。しかしながら、この再生回数も実は遺伝子に組み込まれ決まっています。そして、それに合わせ日々の老化は進んでまいります。これは、命あるものの宿命なのです。私たちが選んだ道なのです。
だからこそ、身体をいたわり、日々健康に留意し大切にしなければならないと思います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_19155976.jpeg

by junshoji | 2019-05-19 19:14 | 住職日記

  

2019年 05月 18日

 久しぶりに秋田県にいる弟が帰ってきました。
2、3年ぶりに会います。
医学会の学会が明日神戸で開催されるため今日夕方に我が家でゆっくりご飯を食べながらいろいろ話をながら過ごしました。
お互い歳いったなと顔を見合わせ、小生の不摂生な身体を見て健康に気をつけ、毎日運動をするよう進言されました。
限られた時間でしたが、弟がいることの有り難さを改めて感じました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20303113.jpeg

by junshoji | 2019-05-18 20:29 | 住職日記

神戸まつり   

2019年 05月 17日

 令和元年・第49回神戸まつりが開催されました。
明日18日・土曜日には、神戸市内各区のまつりがあり、須磨区では、須磨離宮公園でイベントがあり、夜には花火が上がります。
そして、19日・日曜日には、メインフェスティバルが開催され、三宮から元町にかけてサンバやパレード、ステージ上では、さまざまなイベントが開かれます。
神戸まつりと言えば雨がよく降りましたが、今年は少々暑いですが、よい天気になりそうであります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_01200915.jpeg

by junshoji | 2019-05-17 21:18 | 住職日記

式内初七日法要   

2019年 05月 16日

 今日久しぶりに葬儀がありました。
ある葬儀社からご紹介を受けてお通夜からお参りさせていただきました。
須磨区で葬儀が勤められましたが、詳しい理由は存じませんが、喪主さまは姫路のお方でした。
午前11時からの葬儀開始でしたが、葬儀社から急に連絡があり、葬儀を少し早く始めさせていただいて、その後そのままで、式内初七日法要を勤めてほしいと連絡がありました。神戸では初めてでした。普通はお骨になってから後に初七日法要を勤めます。
その式内初七日法要をする理由をお尋ねすると、喪主さまの体調が急に悪くなり、葬儀を終えたらすぐに病気へ行きたいとのことでした。
これから神戸も、関東ではごく普通に行われている式内初七日法要ですが、徐々に多くなってくるのではないでしょうか。
導師・僧侶は式内初七日法要を勤める理由が喪主さま側に必ずあることを忘れずに、その理由をしっかり受け止めて、お勤めすることも大事であることをこの度の葬儀で教えていただきました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_07332645.jpeg

by junshoji | 2019-05-16 21:32 | 住職日記

質の低下   

2019年 05月 15日

 日本国憲法には、第9条に、国際紛争を解決する手段として戦争を永遠に放棄すると明記されています。
ある国会議員が、北方領土を戦争によって取り戻すと云々。と発言しました。
その国会議員は、その発言を不適切だったと謝罪・撤回しています。
今、国会議員の質・レベルの低下が非常に目立ちます。これまでに何人いたことでしょうか。
大勢の前で堂々と発言しておきながら、後で謝罪・撤回してはおりますが、その後は平然と国会議員として居座っています。
国会議員は、言葉が一番大事であります。国会議員の発する言葉は重いはずです。不適切だったということは、これはもう国会議員としての自覚・資格がないのと同じではないでしょうか。
何とも情けない国会議員が多過ぎます。
国会議員の質の低下は、日本の衰退を意味します。
これには、地元選挙民にも責任があります。そのためにも、次の選挙まで絶対に忘れないことが大事です。
質の低下が際立つ国会議員には、二度と当選させないよう我々国民の自覚が必要ではないでしょうか。日本は国民主権の国です。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_19341816.jpeg

by junshoji | 2019-05-15 19:33 | 住職日記