<   2019年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧   

退位の日   

2019年 04月 30日

 いよいよ今日で平成の世は終わります。
天皇陛下は、午前10時から、皇居・宮中三殿で、在位中最後の宮中祭祀に臨まれました。これは、歴代天皇等に代替わりの重要な儀式・退位礼正殿の儀を執り行うことを報告する儀式で、退位礼当日賢所大前の儀と退位礼当日皇霊殿神殿奉告の儀と呼ばれています。
そして、午後5時から、皇居宮殿・松の間で、代替わりの重要な儀式・退位礼正殿の儀に臨まれました。
明日、五月一日より令和と改元され、59歳の皇太子殿下が新天皇に即位されます。
天皇陛下の退位は、なんと202年ぶりだそうです。
どうか明日からの令和の時代が穏やかでありますよう願わずにはおれません。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_19333223.jpeg

by junshoji | 2019-04-30 19:32 | 住職日記

昭和の日   

2019年 04月 29日

 大型連休・10連休3日目となりました。
今日も朝から肌寒く、午前中お参り移動中の車内はヒーターを入れました。
この時期、何を着ていいのか悩んでしまいます。薄着もできない。厚着もできない。そう言った感じであります。
さて、今日は昭和の日であります。
平成もあと一日で終わります。明日は退位の日となります。
小生も、昭和に生まれ、平成から令和の時代を生きることができました。
最近、世界にただ一つしかない元号もいいもんだなあと感じるようになりました。
この度の改元は、落ち着いて、新たな時代を迎える準備・心構えができました。
また、日本に生まれたことをうれしく・誇りに思うようになりました。これも歳を重ねたせいでしょうか。
平成最後の昭和の日を迎え、この時代に生かされていることを改めて感謝しなければならないことを教えていただいております。
ありがとうございます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_22571710.jpeg

by junshoji | 2019-04-29 21:56 | 住職日記

寒いゴールデンウィーク   

2019年 04月 28日

10連休二日目。例年になく寒いゴールデンウィークとなっています。季節が戻ったような気温の低さです。
さて、世間の大半の人が、10連休を満喫しておられると思いますが、よくよく考えると、この時期・10連休に休みなく働いておられる方もおられます。小生もその一人であります。
例年に比べてお参りは少なめですが、有り難いことに毎日お参りさせていただいております。
合掌 善本秀樹 拝
d0184114_21472204.jpeg

by junshoji | 2019-04-28 21:46 | 住職日記

定期組会   

2019年 04月 27日

 今日から大型10連休が始まりました。
関西国際空港では、海外へ出かける人でごった返しているそうです。今日だけで数万人が飛び立つそうです。
新幹線は、下りはほぼ乗車率100%以上だそうです。
高速道路は、一部渋滞がありましたが、分散されているのか、大渋滞は発生しませんでした。
さて、そんななか、本日午後6時より神戸西組(須磨区・長田区の浄土真宗のお寺の集まり)の平成31年度・令和元年の総会・定期組会を、順照寺で開催しました。
この定期組会は年に一度この時期に開催されます。各ご寺院の住職さん並びに総代さんが出席し、まず勤行してから組長・小生がご挨拶させていただきました。
議事は平成30年度の行事・決算・監査報告がなされました。また、続けて、平成31年度・令和元年の行事予定・人事案並びに予算案について審議が行われました。協議の末、すべておかげさまで承認されました。
最後に、小生、組長最後の年にあたりしばらくお話させていただきました。
新しい元号・令和の時代は激動の時代となるのではないかと思っています。
我々お寺・住職はどう対応してゆくのかが問われる時代=令和になるのではないでしょうか。
皆さんお疲れさまでした。
ありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_01073509.jpeg

by junshoji | 2019-04-27 22:06 | 住職日記

10連休前   

2019年 04月 26日

 いよいよ明日から史上初の10連休が始まります。
今日は、お昼に神戸西ロータリークラブの例会に出席しました。その後、神戸西ロータリークラブが支援している啓明学院へ会長さんとともにご挨拶に行きました。この度、校長さんが代わられ、今後のインターアクト活動についてあらためてご支援させていただくことをお伝えしました。
その後、夕方から、連休前ということもあり、久しぶりに肛門科を受診しました。いつもと比べて待合室は混んでいました。
兎にも角にも、明日から史上初の10連休です。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_19234468.jpeg

by junshoji | 2019-04-26 19:22 | 住職日記

大阪   

2019年 04月 25日

 朝からどんより曇り、湿気の多い少々蒸し暑い一日となりました。
さて、史上初の10連休ももう目の前ですが、今日あたりから、この10連休お出かけの準備をされている方もおられることでしょう。
そんななか、小生、久しぶりに大阪に参りました。まず、いつもながらびっくりしたのが、人の多さです。大阪駅を降りたら、駅前は人でごった返していました。もう10連休が始まっているのかと思うぐらいです。
大阪は、東京に次いで人口の多い都市であります。インバウンド・外国人旅行者の姿も多く見られました。
歩いていると、いろんな言語・言葉が聞こえてきました。
大阪・京都・神戸は関西の三都と言われていますが、京都は、大阪以上にインバウンド需要があります。
しかしながら、神戸は見る限りその恩恵を受けていません。大阪から京都への行き来はあるのですが、神戸には行かないのが現状です。
確かに、外国人旅行者はおられますが、明らかに少数です。
大阪・京都にはない『新しい魅力・港町神戸』を広報してゆかないと、益々大阪・京都に引き離されるのではないかと心配になります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_21532441.jpeg

by junshoji | 2019-04-25 21:52 | 住職日記

宝塚   

2019年 04月 24日

 この度、昨夜のお通夜と今日葬儀が宝塚市内でありました。
小生、宝塚でのお通夜・葬儀は初めてでした。
車で宝塚までどれくらい時間がかかるのか不安でしたが、高速道路を走ればわずか一時間ほどでした。
よく、以前は「中国道宝塚トンネル手前何キロの渋滞」と交通情報で聞いたことがありましたが、今や高速道路は多方面に繋がっており、この二日間は全く渋滞はありませんでした。
お通夜・葬儀が執り行われた会館は、あの有名な中山寺のほんのすぐ近くでした。
斎場も車で20分ほどの距離にあり、神戸の斎場とは違い、神戸のように水のお焼香ではなく、炭火でお香を焚いてのお焼香でした。
葬儀の開始時間は、午後からで、初七日法要は、午後5時半頃でした。すべてが終わったのは午後6時過ぎでした。
夕方から、神戸市佛教連合会の常務理事会並びに花まつり反省会が開催されましたが、とても間に合わず欠礼させていただきました。
宝塚まで行かせてもらい、有り難いご縁・葬儀のご縁をいただきました。
ありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20171745.jpeg

by junshoji | 2019-04-24 20:16 | 住職日記

退位まであと一週間   

2019年 04月 23日

 早いもので、四月・平成31年=平成最後の年もあと一週間となりました。
この週末から10連休となります。
天皇陛下は毎日激務のなか、今日は八王子市の昭和天皇のお墓・武蔵陵墓地をご参拝,退位のご報告をされました。沿道には、大勢の市民が出て手を振りながら出迎えました。
退位礼正殿の儀まで、あと一週間であります。
今月26日が天皇陛下として最後の旅となります。
お疲れのことと存じます。
穏やかに平成の世が終わることを切に願うばかりであります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20340125.jpeg

by junshoji | 2019-04-23 20:33 | 住職日記

悲惨な交通事故   

2019年 04月 22日

 ここ数日の間に、悲惨な交通事故が頻発しています。
昨日は、お昼頃、神戸市中央区のJR三宮駅前の県道で、神戸市営バスが横断歩道に突っ込み、歩道上の歩行者を次々にひいた悲惨な交通事故が発生しました。お若い二人が犠牲になりました。
つい先日も、東京・池袋で高齢者の車が暴走して、若い親子が亡くなりました。
また、今日も熊本で、多重事故による犠牲者が出ています。
何故、こんな悲惨な交通事故が多発したのか。ここ数年交通事故は減っているそうです。
そんななか、最近の交通事故は、あまりに犠牲者が多く悲惨です。
誰しも自身が交通事故を起こすとは思っていないでしょう。
しかしながら、いつどこで加害者になるかもしれない。いつどこで事故に遭遇するかもしれない世の中を私たちは今生きています。
犠牲になられた方々に謹んで哀悼の意を表します。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_22024740.jpeg

by junshoji | 2019-04-22 22:00 | 住職日記

分煙   

2019年 04月 21日

 今や愛煙家にとっては住みにくい時代となりました。学校や病院、レストランやホテル等々では、敷地内原則禁煙となっているところが多くになってきました。
小生の若い頃は、いたるところに灰皿が設置・置かれていました。今では考えられないですが、電車内にも灰皿が設置されて、普通に喫煙しておりました。
それが時代の流れ・変化とともに、たばこは『百害あって一利なし』と言われるぐらい健康にはよくないのです。実際、喫煙者は減りました。
しかしながら、少数ですが愛煙家の方はおられます。分煙されたスペースで肩身の狭い思いで喫煙されている姿を見かけます。
たばこは小生も経験しましたが、なかなかやめられないないのが実情です。ドクターに「このまま吸い続ければ死にますよ」。と言われて初めてやめることができたのです。
いずれ近いうちに、健康のために、すべての人が禁煙できるような社会の構築が望まれます。
そのためにも、幼い頃からの教育が大事だと思います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_07364352.jpeg

by junshoji | 2019-04-21 22:36 | 住職日記