<   2018年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

東京築地本願寺2日目   

2018年 10月 31日

 東京で寒い朝を迎えました。
早朝、築地本願寺の朝のお勤め・勤行に参列しました。本堂には、出勤前の方々が次々に尊前にてお焼香をされていました。
築地本願寺は、東京に根付いている寺院であることは間違いありません。
その後、靖國神社に参拝しました。インバウンド・外国人の姿も数多く見られました。
続いて、千鳥ヶ淵墓苑を参拝しました。閑散としていましたが、心静かに手を合わせ、お念佛を称えることができました。
有意義な研修旅行でした。
皆さん大変お疲れさまでした。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_22462064.jpeg
d0184114_22463612.jpeg
d0184114_22464932.jpeg

by junshoji | 2018-10-31 22:43 | 住職日記

東京築地本願寺   

2018年 10月 30日

 今日は早朝より、神戸西組の有志が集まり、東京築地本願寺へ赴き、研修会を行いました。
築地本願寺の副宗務長並びに東京教区教務所長さんが、神戸西組内のご住職でもあります。
そういう有り難いご縁をいただいて、東京築地本願寺内を散策させていただき、築地本願寺の取り組み等についてお話いただきました。
築地本願寺は、境内が綺麗に整備されて、地域の方々がくつろげる空間・カフェテリアもあります。また、東京都内では初めての合同墓が新しく作られています。
時代に即応した築地本願寺には、学ぶところが多々あります。
大変勉強になりました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_23402452.jpeg
d0184114_23405758.jpeg
d0184114_23411431.jpeg

by junshoji | 2018-10-30 23:39 | 住職日記

  

2018年 10月 29日

 朝晩の冷え込みは日ごとに増しています。今朝はほんと寒かったです。日中も日差しは強いものの、気温は20℃を下回りました。
さて、お釈迦さまの説かれたお経・教えは、八万四千あると言われています。
そのなかで最もよく知られているお経は、『般若心経』ではないでしょうか。わずか262文字からなる短いお経ですが、大乗仏教の真髄が込められていると言っても過言ではありません。
般若心経には、『空』・『般若』・『無』という言葉・教えが繰り返し説かれています。
すべての存在は、因縁・ご縁によって生じています。それは、実体のないものだと説かれています。すなわち、空なのです。
例えば、経典・本が目の前にあるとします。私にとっては、大切な経典・本ですが、例えば、猫や犬にとっては、そう見えないでしょう。単なる紙か、色しか判断しないでしょう。経典,本ではありますが、実体のないもの・空だと言えるのです。
このことは簡単に解き明かすことができないからこそ、空と表現されたのです。
般若心経は、般若波羅蜜多経の中から抜粋されました。般若波羅蜜多経は、昔、玄奘三蔵がインドからサンスクリット語の経典を持ち帰って、漢訳したもので、約600巻から成り立っています。
私たちには、なかなか理解できない奥深い教えでありますが、まず、声に出して音として、身体で感じてゆくことが大事ではないでしょうか。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_19133555.jpeg

by junshoji | 2018-10-29 19:12 | 住職日記

最後の三代行幸啓   

2018年 10月 28日

 小生、恥ずかしながら、初めて知ったのですが、『全国豊かな海づくり大会』というのがあるそうです。これは、『全国植樹祭』、『国民体育大会』とともに、『三代行幸啓』と称された、天皇・皇后両陛下の定例の全国地方訪問であります。
この『全国豊かな海づくり大会』が、高知県で開催され、今回最後の『三代行幸啓』となりました。
来年、代替わり後、皇太子さまと雅子さまに引き継がれるそうです。
大変お疲れさまでした。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_21540634.jpeg

by junshoji | 2018-10-28 21:53 | 住職日記

古都・奈良   

2018年 10月 27日

 日増しに秋が深まりつつあります。紅葉の季節はもう間近です。
さて、古都・奈良では、恒例の第70回正倉院展が今日から来月・11月12日まで開催されます。
今回、約10点の宝物が初出展・展示されています。
そして、興福寺では、約300年ぶりに再建された・興福寺中金堂が、拝観できるようになりました。それに合わせて、11月11日まで、ライトアップされ、午後5時半から夜間拝観もできるそうです。ライトアップは、天平のイメージカラーで照明されているそうです。
是非とも、古都・奈良の紅葉と夜楽しみたいものであります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_19574789.jpeg

by junshoji | 2018-10-27 19:57 | 住職日記

危機感から危機へ   

2018年 10月 26日

 昨今、宗教離れが急加速し、宗教への関心が薄れている時代だと言われています。
激しく変化しつつある世界・社会において、人の心も日ごとに大きく変わろうとしています。
佛教も例外ではなく、過疎地域では、お寺の存続すら危ぶまれています。今や、日本の全寺院・約70,000ヶ寺の約3分の2以上は、住職すらいない無住の寺となっています。
これはもう危機的状況という側面ではなく、まさに危機に直面しているのです。
これからどう対応してゆけばだけではなく、今、何をすべきが考察・即実行すべきではないでしょうか。世間の意識の変化・時代に即応した行動・言葉が必要です。
今の時代に合った・これからの社会に、『南无阿弥陀佛』の声を・形を・み教えを今どう伝えてゆくか。
それを明らかにしてゆく勇気が住職には必要ではないかと考えています。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝
d0184114_20372295.jpeg

by junshoji | 2018-10-26 20:36 | 住職日記

スタイル   

2018年 10月 25日

 順照寺の古い檀家さんで、亡き母の遠縁の親戚でもある佛教婦人会のあるお方が、ある化粧品メーカーの営業をされています。それまでは、看護師さんでもあられました。
今日は、順照寺の総代さんをお呼びして、上司である本社の女性を伴って来寺されました。
おそらくトップセールスであると頷けるほど、魅力ある人・営業でした。引き込まれました。
しかし、檀家さんは、物静かな人で、日頃お寺に来られても営業のお話はされません。押しつけがましい営業は一切されない方なのです。
たまに、「お話を聞いてほしい」と来られますが、それでも世間話をして帰る時もありました。
そういう人柄がいいというか、ついついこちらから心配になって・気になって、以前からお勧めのサプリメントを不定期ではありますがいただいています。
少々お高くても、あの人の進めるサプリメントなら効果があると思ってしまうのです。
実際、大腸ガン・ステージ3を患いましたが、抗がん剤も使わず、自分に合ったサプリメントを摂取して、ガンを克服された経験があります。
人にはいろんなスタイルがあり、誰しも良いところを備え持っているのではないでしょうか。
それを、相手に自然に気付かさせる静かな力・パワーがあるのだと思います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20015661.jpeg

by junshoji | 2018-10-25 20:00 | 住職日記

台風26号   

2018年 10月 24日

 秋晴れの爽やかな一日となりました。日中は動けば汗ばむほどでした。
そんななか、この時期・もう10月末だというのに、台風26号が発生しました。発達しながら西寄りに進んでいます。今後、猛烈な強い台風になるようです。まだ、はるか日本列島より南にありますが、じわじわと近づきつつあります。
しかしながら、これからどこへ進むのか、進路がはっきりしないそうです。上空の偏西風の強風の影響や太平洋高気圧によって、進路が定まりますが、現時点では、わからないそうです。
今後の台風情報から眼が離せません。
要注意です。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_19585848.jpeg

by junshoji | 2018-10-24 19:57 | 住職日記

危機的状況   

2018年 10月 23日

 時代の流れ・変化と共に、いろんなことが変わりつつあります。それも急速に変化しているのです。
組織も例外ではありません。超高齢化社会を迎え、組織の存続事態が危ぶまれています。
そのひとつが、ロータリークラブです。世界的に見ても、ロータリークラブの会員数は、横ばいで、日本に限っては減少しています。
特に、若い世代の入会が減りつつあります。よって、会員の平均年齢は年々上がり、高齢者の退会・ご逝去によって会員数は年々減り続けています。
まさに、危機的状況であると言っても過言ではありません。
そんななか、本日午後6時半より、ホテルオークラで、神戸西ロータリークラブの例会場でもある宴会場で、神戸中ロータリークラブとの合同例会が開催されました。
近い将来、クラブ通しの合併・吸収を迎える日が来るかも知れません。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_22041085.jpeg

by junshoji | 2018-10-23 22:03 | 住職日記

専用機   

2018年 10月 22日

 昔、エアフォースワンという映画を観たことがあります。エアフォースワンと言えば、アメリカ合衆国の大統領専用機です。これは、空飛ぶホワイトハウスと言われるほど、頑丈で強固な作りになっています。
日本には、政府専用機が2機あり、天皇陛下や内閣総理大臣が使用しています。
現行の飛行機は、ジャンボジェット機で知られるボーイング747ー400であります。
そんななか、来年就航予定の次期政府専用機が完成披露されました。それは、ボーイング777ー300ERと言われる機種です。
これまでのジャンボジェット機は、燃費が悪く、民間機では今はほとんど飛んでいません。
政府専用機の後継機は、燃費がよく、航続距離は、何と1,000キロ延びるそうです。
さっそく安倍晋三総理大臣と昭恵夫人が機内を視察したそうです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20380792.jpeg

by junshoji | 2018-10-22 20:37 | 住職日記