<   2018年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧   

シンプルに生きる   

2018年 09月 19日

 朝晩は秋らしくなりましたが、日中は30℃近くまで気温は上がっています。
さて、今や人生100年とも言われる時代になりました。
政府は年金受給開始年齢を、70歳をさらに引き上げようとしています。いつまで働けと言うのでしょうか。元気で働ける人はそれでいいと思いますが、みんなそういうわけにはいきません。
人に合わせて、比べてどう生きるのではなく、
自分自身に合った生き方を模索してゆく楽しみを見つけ・持ちたいと思っています。
その究極的な生き方・考え方が、シンプルに物事を受け止めるということではないでしょうか。まさにシンプル、イズ、ベストであります。
今どんな辛い・苦しいことがあってもいずれ死を迎え、別れてゆかなければなりません。
それもそう遠くないのです。
何事も悲観的に考えず、何があっても今が一番楽しい・幸せと自身に思い込ませ、その姿・我が身をおもしろ・おかしく観てゆくと、不思議なことに自然に周りが変わって来ます。
考え方・受け止め方一つで、人生は楽しく・おもしろおかしくなってゆくのです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20591620.jpeg

by junshoji | 2018-09-19 20:58 | 住職日記

樹木希林   

2018年 09月 18日

 テレビ・ドラマ『時間ですよ』。『寺内貫太郎一家』。
テレビコマーシャルでは、『ピップエレキバン』。『フジカラー』等々。
今思い出しても、思わず笑いと懐かしさが戻って来ます。
名優・樹木希林さんが、全身ガンを患い、15日に亡くなりました。
あの飾らない、素直でいつも本音を語る姿は、周りの人を魅了して来ました。数々のテレビ・ドラマや映画では、誰にでも真似の出来ない・代わることが出来ない、唯一無二の存在でした。
だからこそ、引き込まれるのです。人は感動するのです。
老い・病をそのまま受け入れ、飾らず今を生きる。生きるとは死んでゆくこと。
そのことを身をもって教えてくれたのです。
謹んで哀悼の意を表します。
また、ゆっくり樹木希林さんの出ているテレビ・ドラマ、映画をゆっくり鑑賞したいと思います。
樹木希林さんお疲れさまでした。
ありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_18420694.jpeg

by junshoji | 2018-09-18 18:39 | 住職日記

平成の歌姫   

2018年 09月 17日

 三連休の最後の日、今日は敬老の日です。
小生も59歳。来年は還暦を迎えます。自分がそんな歳になるなんてと、いつも他人事でしたが、老いは確実にやって来るのです。改めて、健康の有り難さを知らされる歳にもなりました。まさに、老いを敬いたいと思います。
さて、昨日は、この人の話題で持ちきりでした。ニュースでも、自民党総裁選の後に詳しく報道されました。
沖縄県生まれの安室奈美恵さん・40歳が、引退しました。平成の歌姫と言われて、沖縄県民を勇気付け、沖縄県民の誇りでもありました。数えきれない多くの熱心なファンが引退・別れを惜しみました。
平成最期のこの年に引退を決意するのは、相当な決断・決意があったことでしょう。頭が下がります。これから人生の第2ステップが始まります。
これから、何世代にもわたって安室奈美恵さんの想い・歌は受け継がれると思います。
大勢の人が、安室奈美恵さんの歌で、生きる勇気を与えられたのです。
安室奈美恵さんお疲れさまでした。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_21284646.jpeg

by junshoji | 2018-09-17 21:26 | 住職日記

蒸し暑さ戻る   

2018年 09月 16日

 久しぶりに晴天となりました。ここ一週間ほどほとんど曇り空・雨でした。気温はいっときの暑さは和らぎましたが、それでも25℃以上30℃近くまで上がりました。
そして今日、晴れましたが、あの蒸し暑さが戻って来ました。気温は日中、30℃を超えていました。
朝方、蝉が鳴いていましたが、それも元気な鳴き声ではありません。一匹二匹、寂しそうな声でした。暑くてびっくりして飛び出したようです。
やっと少し涼しくなったかと思いましたが、また、季節は逆戻りです。
体調を崩さないように気をつけたいと思います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_19314981.jpeg

by junshoji | 2018-09-16 19:31 | 住職日記

三連休   

2018年 09月 15日

 今日から三連休という方も多いことでしょう。
小生は、いつも通り休みなく働いております。
天気は、曇り空時々雨は続いています。
湿気も多く、洗濯物はなかなか乾きません。
明日は、気温・湿度共上がり、天気予報では、「熱中症に注意してください」。と呼びかけていました。
各地で、秋の恒例行事・お祭りも開かれています。
兎にも角にも、この三連休、穏やかにお過ごしください。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20180079.jpeg

by junshoji | 2018-09-15 20:17 | 住職日記

  

2018年 09月 14日

 近年、季節感がないように思うことがあります。極端に暑かったり、急に寒くなったりと。
もう9月・お彼岸前ですが、いっときの暑さは和らぎましたが、それでも今日も27℃前後の言わばまだ夏日です。蒸し暑い一日でした。
今年は夏の終わりを告げる・ヒグラシの鳴き声をまだ聞いていません。
当然、赤トンボや彼岸花を見ることはありません。
平成最期の年、地震・大雨・台風、そして、この夏の熱中症。これまでにいろいろありました。今年もあと4カ月あまりですが、これからもどんな災害・災難が降りかかってくるかも知れません。
何故こんなことになってしまったのかと思う前に、覚悟しておくことが大事だと思います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_21391035.jpeg

by junshoji | 2018-09-14 21:38 | 住職日記

影響   

2018年 09月 13日

 あの北海道の地震から一週間が経ちました。
被災地の小学校・中学校では、授業が再開されました。
ある報道によりますと、この一週間で、北海道内の観光客の宿泊キャンセルが、何と50万人にもなるそうです。この影響による損害額は、100億円にも達するそうです。
秋の行楽シーズンがこれからなのに、益々影響が広がりそうです。さらに、キャンセルが増えるかも知れません。深刻な問題・影響です。
これだけ災害が続くと、期待のインバウンド・外人観光客も減少する恐れがあります。
それにしても、影響・損害は甚大です。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_21135096.jpeg

by junshoji | 2018-09-13 21:13 | 住職日記

激減   

2018年 09月 12日

 あの台風21号で甚大な影響・被害を受けた関西空港は、急ピッチで国の威信をかけて復旧作業に取り掛かっています。
しかしながら、全面復旧の目処は立っていません。
これまで関西空港は、国際線・国内線合わせて、ピーク時には一日約480便が離着陸していました。現在、運行数は、通常ダイヤの一割程度にとどまっています。
神戸空港や伊丹空港に振り分け・分担が言われていますが、出入国審査・管理が適正に行われるか少々不安を抱かずにはおれません。
そんななか、外国人観光客が、関西空港の影響・被害で激減しています。今、日本・関西におられる方々は、あの台風の影響が出る前に来日しており、それ以後、激減しているのです。例えば、大阪の黒門市場等は、閑散としているそうです。京都も例外ではありません。
現在、日本の経済、特に関西の経済が安定しているのは、インバウンド・外国人観光客のおかげなのです。大阪市内のホテルも空室が目立っています。日本に来られる外国人観光客は、約二週間ほど滞在して、一人で十数万円のお金を使われるそうです。
関西の玄関口・関西空港は、重要な施設・拠点と言えるでしょう。
一日も早く、二度と起こらない完全な復興が望まれます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_21283747.jpeg

by junshoji | 2018-09-12 21:27 | 住職日記

術後二週間   

2018年 09月 11日

 今朝は秋の気配を感じる涼しさとなりました。
さて、私事ですが、これまでに思い返すと3回手術を受けました。最初は、副鼻腔炎、2回目は親知らず抜歯。いずれも全身麻酔でした。昨年、年末に大腸ポリープ摘出。これも麻酔でした。
そして、二週間前に3回目の痔瘻根治手術でした。この時、あまり局部麻酔が効かず・七転八倒の痛みでした。この二週間、痛みと出血、薬の副作用なのか口内炎も発症しました。
それが術後二週間ともなると、痛みにも慣れてきたのか。身体がそれなりに順応してきたのか。気分的にも少し楽になりました。
まだまだ完治には程遠いのですが、時間をかけてじっくり落ち着いて治療してゆきます。
痛みを感じて、改めて健康であることの有り難さを感じています。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_23103529.jpeg

by junshoji | 2018-09-11 22:09 | 住職日記

快挙   

2018年 09月 10日

 大坂なおみ選手・20歳が、何と全米オープンテニス・女子テニスで、日本人選手として初の優勝を成し遂げました。四大大会シングルスで、日本人が優勝したのは、男女初の快挙です。これにより、世界最新ランキングで、自己最高の7位に入りました。
表彰式では、異様な雰囲気・ブーイングのなか、大坂なおみ選手の低姿勢の穏やかで謙虚な話し方・スピーチで、式場内の雰囲気が一変し、拍手と歓声が湧き起こりました。感謝の言葉に世界中が感動したのです。
大坂なおみ選手の落ち着き・精神面の強さは、凄いものでした。試合中、対戦相手のセリーナ・ウィリアムズ選手が抗議・乱れても、それに動揺せず、終始落ち着いたプレーを最後まで続けました。凄い精神力です。
20歳とは思えないほど、終始一貫落ち着いた立ち振る舞いには、感銘せずにはおれません。
また、サーシャ・バインコーチの指導・存在も大きな影響を与えたでしょう。
日本のスポーツ界も大いに見習うことが多々あるのではないでしょうか。
素晴らしい・大坂なおみ選手。暗い話題ばかりの日本に明るい光を放ってくれました。
ありがとうございます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20212326.jpeg

by junshoji | 2018-09-10 20:20 | 住職日記