<   2018年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧   

災害で死なないために   

2018年 07月 22日

 連日猛暑のなか、西日本豪雨災害の被災地では、懸命な復旧作業は続いていますが、あまりにも広範囲のため思うようには進んでいません。ボランティアの方々には、いつもほんと頭が下がります。
被災地では、土砂災害警戒区域に、土砂・水害の危険予想箇所・ハザードマップが配られていました。また、大雨特別警報・避難指示が発令されたにもかかわらず、すべての人が避難していませんでした。
今、特別警報・避難指示の出し方や地域住民への伝え方が問われています。豪雨のなか、避難指示の広報アナウンスは、届かない・聞こえていませんでした。伝えているが、伝わっていないのが現状です。
そして、私たちは過去の災害・経験がありながら、普段は防災意識は決して高いとは言えません。
いつ、我が身にどんな災害が襲いかかって来ても何ら不思議ではない世の中であります。人は災害で死ぬのです。そのことを、西日本豪雨災害は教えてくれました。
日頃から、豪雨等で避難指示・特別警報が発令されたら、どうするか。住んでいる地域のハザードマップをよく見て、よく知ること、よく考えることが必要不可欠です。我が身は自身で守るのです。命を大切にする教育が必要です。
自分だけは大丈夫だという考えは間違っています。明日は我が身に災害がやって来ます。
災害が発生する前から、最悪の事態を想定して、警戒する・備えることが大事であります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_22083949.jpeg

by junshoji | 2018-07-22 22:07 | 住職日記

お盆前   

2018年 07月 21日

 7月もあと10日となりました。暑い暑い毎日が続いています。この暑さ・異常気象は、しばらく続くと予報が出ています。
今日、昼間、町の中は非常に静かでした。人も歩いていない。カラスや蝉もどこにいるのか、鳴かないのです。こういう時は、カラスや虫たちにならって、家でじっとしているのが一番です。
さて、そろそろ、8月・お盆のお参りのスケジュール・準備を進めてゆく時期になりました。ご丁寧にお電話をいただいて、「今年も暑いですが、お盆参りよろしくお願いします」。「ご住職さんお元気でしたか」。と、元気をいただく有り難いお言葉であります。
今年も何卒、お盆参りよろしくお願い申しあげます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20525738.jpeg

by junshoji | 2018-07-21 20:52 | 住職日記

分刻みのスケジュール   

2018年 07月 20日

 酷暑・極暑は続いています。
そんななか、朝からお参りを終えて、まず、東須磨小学校の評議委員会に出席しました。永年勤めさせていただいております。年3回ほど行われ、今日は、授業参観をさせていただきました。夏休み前・一学期最期の授業は、プールもあり、教室では熱心に子どもたちが先生のお話を聞いておりました。その後、校長室にて、校長先生と評議委員の先生方と親しく情報交換・懇談させていただきました。
その後、お昼から、神戸西ロータリークラブ例会に出席しました。例会後に、決算・予算案の臨時総会が行われました。
次に、神戸市役所にて、神戸市佛教連合会の会長をはじめ役員が揃って、久元神戸市長さんにご挨拶・表敬訪問させていただきました。
この時、日中の暑さのピークでした。
そして、夕方、恒例の第104回神戸市佛教連合会・佛教文化講座が、モダン寺で開催されました。小生は、副会長として開会の辞を述べさせていただき、その際、西日本豪雨災害で被災し、尊い命が犠牲になった方々への追悼の想いから、阿弥陀如来さまに、会場内一同起立の上、合掌・礼拝を行いました。
終了後、後片付けを終えたあと、ご講師を囲んで慰労会をしました。
極暑のなか、分刻みのスケジュールでした。
有意義な一日でした。皆さんお疲れさまでした。ありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_00210070.jpeg

by junshoji | 2018-07-20 21:18

極暑に耐える   

2018年 07月 19日

 連日連夜、熱波に襲われています。この暑さ・湿度の高さは、異常で、自然災害と言えるのではないでしょうか。
身に危険が迫るほど高温、酷暑・極暑であります。関西・神戸でも38℃を超える日が6日続いています。
今日、京都では、39.8℃を観測しました。これは、観測史上第一位です。
我が家でも、午後3時過ぎ、観測史上初の42℃を観測しました。
お昼前、交差点で信号待ちをしていると、横断歩道を歩く人の姿・顔は、苦痛そのものでした。気分が悪そうな高齢者の方もおられました。不要不急の外出は、まさに危険です。
今宵も熱帯夜になります。
皆さん、この暑さに耐えています・我慢しています。いつまで体力が持つか。
明日は土用の丑の日。季節にあった物を食べて酷暑・極暑を乗り切りましょう。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_21171223.jpeg

by junshoji | 2018-07-19 21:16 | 住職日記

最大限の警戒・熱中症   

2018年 07月 18日

 大阪北部地震から1カ月が経ちました。住宅被害は、3万棟を超えています。このひと月の間に西日本豪雨があり、広範囲にわたって被災しました。
そんななか、早朝5時過ぎに、蝉が鳴き始め目覚めました。蝉も今日も朝から暑いなあと感じたのか、いつもより早く鳴き始めました。その後、カラスも大きな声で呼びかけ合って朝の集会を開いておりました。6時半のラジオ体操の時間には、すでに気温は28℃になっていました。下記の写真のように9時には30℃まで上がっていました。その後、気温はぐんぐん上がり、お昼前には、外は静けさと熱風に覆われていました。午後2時、温度計は、さらに上がり、写真の通り、40℃まで上がっていました。この後は暑くて外に出れず、温度計は見ていません。道路・アスファルト上は、プラス5℃以上になるのは間違いありません。天気予報によりますと、今月いっぱいこの暑さは続くそうです。まさに、この暑さは異常気象です。
今、一番危険なのは熱中症です。この一週間で約1万人が熱中症の疑いで救急搬送されました。そのなかで、12人が亡くなっています。
他人事ではありません。日中は、早急な用事以外、外には出ないことです。命に関わります。体力に自信がある人でも熱中症になっています。決して、無理をしないことです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_07013069.jpeg
d0184114_07015686.jpeg

by junshoji | 2018-07-18 22:00 | 住職日記

大暑   

2018年 07月 17日

 連日連夜の猛暑は続いています。毎日のように言っていますが、日中は熱波に襲われているような感じです。街中のアスファルトの上を歩くこと自体危険です。
熱中症対策としていろいろ言われていますが、まず、水を飲む・水分補給を定期的にする。喉が渇いた・口がネバネバすると感じた時には手遅れになることがあるそうです。次に、不要不急の外出を控えること。特に日中外に出るのは極めて危険です。就寝前にコップ一杯の水を飲むこと。熱帯夜には、それ相当の汗をかいています。夜中に目が覚めたら汗で濡れたシャツを着替える。温度設定はむずかしいですが、エアコンの効き過ぎはかえって身体を冷やします。
これは小生の経験上の話ですが、暑い時には適度な汗をかく。暑い時には日に一度は軽く運動。小生は清掃して汗をかくことです。つまりうまく汗をかく練習をしておくのです。暑さになれてきます。最近、お若い方で、汗をかかない・かきにくい人がおられます。暑く感じているのに汗が出ないのです。これは幼い頃から汗をかかない生活の結果そうなるそうです。
自身に合った熱中症対策を考えましょう。
何と言っても免疫力を高め、健康でいることです。早く起きて早く寝る。よく食べる。これにつきます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_21145843.jpeg

by junshoji | 2018-07-17 21:13 | 住職日記

さらに暑くなる   

2018年 07月 16日

 夏休み前の3連休は今日で終わります。西日本豪雨被災地では、猛暑のなか、懸命に救助活動が行われ、また、ボランティアの方々も炎天下のなか、熱中症にかかるリスクを背負いながら、命がけでご奉仕くださっています。
災害時には、国を挙げて被災地を支援できる組織作りが急務です。行政はいつも後手後手になっています。犠牲者は、212名になりました。
さて、異常気象・猛暑=酷暑・極暑は続いています。この過酷な暑さは、太平洋高気圧とチベット高気圧が重なり、より暑くなっているようです。朝から気温がぐんぐん上がり、午前10時頃には、30℃にもなっていました。風もなく、息苦しさを感じました。雲ひとつない空となっていました。
岐阜県・揖斐川では、何と39.3℃を観測しています。我が家でも、下記の写真の通り、午後3時半頃、3階の中庭ですが、40℃となっていました。直射日光もあたらず風通りがあってもこの高温です。町のアスファルト上では、50℃を超えるでしょう。火傷をしそうです。日中、外に出ることは危険だと言わざるを得ません。これほど気温が上がると健康な人でも体温調節機能が乱れます。ましてや、今夜も熱帯夜になります。寝苦しいです。エアコンをうまく使いましょう。
寝る前には必ずコップ一杯の水を飲むことをお勧めします。
しばらく異常気象・暑さは続きます。
ご自愛ください。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_21272178.jpeg

by junshoji | 2018-07-16 21:26 | 住職日記

極暑   

2018年 07月 15日

 西日本豪雨被災地では、今日も懸命に行方不明者の捜索を続けています。現在、24名の安否確認ができていません。犠牲者は210名となりました。
そんななか、今日も厳しい猛暑でした。
祇園祭が行われている京都では、昨日より高い38.8℃を記録したそうです。
また、全国各地・200地点で35℃を超える猛暑日となりました。
熱中症にかかり亡くなられた方もおられます。
日中は外に出ること自体危険と言えるでしょう。昼間、近くの公園・妙法寺川公園では、誰一人いなく、鳥も虫たちの鳴き声もなく、異常な静けさとなっていました。おそらく鳥・虫たちも動かずじっとしているのでしょう。夕方になっても30℃以上で、なかなか気温は下がりません。
この暑さ、明日も変わることはないそうです。
どうぞ皆さんお大事になさってください。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_09003042.jpeg

by junshoji | 2018-07-15 21:55 | 住職日記

猛暑から酷暑   

2018年 07月 14日

 夏休み前の三連休初日です。
朝から猛烈な暑さとなり、35℃を超える猛暑日となりました。小生、午前中歩いてお参りに行くましたが、アスファルト・下からの照り返しで気分が悪くなりそうでした。
西日本豪雨被災地でボランティア活動されている方々には、この暑い中、ほんと頭が下がります。
京都では、7月の観測史上初めて、38.5℃を記録したそうです。街の中は実際は5℃以上高いでしょう。体温よりも高いのです。
ある方は、マレーシアやシンガポールより日本の方が暑いとおっしゃっておられました。
夜になっても30℃から下がることはなく、まさに熱帯夜となりました。夜間の方が熱中症になる危険性があります。
昔は、夜になると涼しく、寝る時は窓を必ず閉めたものです。朝方冷えるのです。今では考えられない気候,暑さとなってしまいました。35℃を超えると猛暑から酷暑と言うそうですが、いやもっと厳しい言葉か必要です。例えば極暑とか。
この暑さでは、熱中症にならないために、30分おきぐらいに水分補給した方がいいそうです。口がネバネバしてきたら要注意です。喉が渇いたと気づいた時は手遅れになる危険性があります。身体はこの暑さに対し常に危険信号を発しています。素直にそれに応えて無理をしないことが一番だと思います。
これから長い長い夏が続きます。
皆さんご自愛ください。
それにしても、厳し過ぎる酷暑・極暑です。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20534618.jpeg

by junshoji | 2018-07-14 20:53 | 住職日記

西日本豪雨一週間   

2018年 07月 13日

 今日もさらに暑くなりました。35℃を超える猛暑は熱波と言えます。これから一週間はこの熱波・猛暑が続くそうです。最高気温が何と41℃を超える地域もあるそうです。アスファルトの上では、プラス5℃以上になるはずです。体温を超える暑さです。まさに異常な暑さと言えます。熱中症にならないよう水分補給は癖になるぐらい注意したいものです。
さて、そんななか、西日本豪雨・平成30年7月豪雨から一週間が経ちました。日ごとに犠牲者は増え203人となりました。悲惨です。
また、神戸市内も含めていまだ避難指示が出ている地域もあります。同じ場所に次々に積乱雲が発生し豪雨が続き、被害が拡大しました。昔とは雨の降り方が違うのです。
今、災害ゴミが問題になっています。ゴミ収集場所に入りきれず、道路に何キロにもわたってゴミが放置されています。学校の校庭に置かれている所もあります。これから、生ゴミもあり、衛生面が心配されます。
今回の豪雨では、避難指示がうまく伝わらず、犠牲者が増えました。避難指示をどう伝え、どう伝わるようにしたらよいのか大きな課題となりました。
常日頃から住んでいる地域の災害リスク・危険を調べ、知るべきではないでしょうか。
災害は明日我が身に襲って来るやもしれません。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20304591.jpeg

by junshoji | 2018-07-13 20:30 | 住職日記