<   2018年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧   

春の嵐   

2018年 02月 28日

 早いもので今日で2月も終わります。朝から春を感じるような暖かい陽気でした。日中は15℃ぐらいまで気温が上がっていたように思います。
しかしながら、夕方ぐらいから急速に曇りはじめました。しだいに雨・風が強くなるそうです。深夜にかけて天気予報通り春一番・春の嵐となるでしょう。これからしばらく暖かい日が続きそうですが、三寒四温の季節。春はまだ先です。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_22060846.png

by junshoji | 2018-02-28 22:05 | 住職日記

組内会   

2018年 02月 27日

 今日は昨日より一段と暖かくなりました。明日天気は急変し雨風が強くなり、春一番が吹くそうです。
さて、久しぶりに夕方から神戸西組の組内会を開催しました。まずは、セコム安否確認サービスの登録を、教区の職員さんからご指導いただきました。これは、いずれ起こるうる災害時の安否確認を携帯電話で教区へ報告・確認するシステムです。
続いて、来月3月17日・土曜日午後2時から別院にて開催される神戸西組主催の研修会について役割分担・最終確認をいたしました。
そして、今年度の行事もあとひと月となりましたが、今年度最後の行事・3月24日土曜日に予定している総代研修会について意見交換いたしました。
また、次年度・平成30年度の行事予定等についても協議し、近々役員会を開き詳細な日程等を調整をいたします。
小生、組長任期3年目を迎えます。新たな気持ちでスタートできるよう精進いたします。
皆さんお疲れさまでした。
ありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_21095514.jpeg

by junshoji | 2018-02-27 21:09 | 住職日記

2年後東京へ   

2018年 02月 26日

 第23回冬季オリンピック・平昌大会は、昨夜17日間の大会に幕を下ろしました。
この平昌大会では、最初、ドーピング問題をはじめ、欧米の放送時間に合わせた早朝・深夜の競技開始時間等々。また朝鮮半島南北間を取り巻く政治的な思惑が表面に出ていましたが、大した混乱・動向もなく無事に終えたというのが正直なところでしょう。
平昌オリンピックでは日本人の活躍が目立ちました。7競技で史上最多になる102種目が行われましたが、日本は金メダル4個・銀メダル5個・銅メダル4個を獲得しました。日本人の底力・強さを感じました。長野大会の10個を上回り最多・記録更新となりました。ちなみに、最多メダル獲得国は、ノルウェーで、何と39個のメダルを獲得しました。今回ノルウェー史上最多のメダル獲得数となりました。まさに、スキー王国と言えるでしょう。
これから、平昌では、3月9日から冬季パラリンピック大会が開催されます。
そして、いよいよ2年後、2020年7月末から東京で夏季オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_21253288.jpeg

by junshoji | 2018-02-26 21:24 | 住職日記

水不足   

2018年 02月 25日

 今地球は温暖化や人口増加等でさまざまな影響を受けています。その一つが水不足だと今日の朝刊に掲載されていました。
南アフリカの大都市・ケープタウンでは100年に一度の深刻な水不足に襲われているそうです。
ケープタウンは約370万人の人口を抱えています。気候変動もさることながらこの人口増加も大きな原因だそうです。これから強制的に家庭の水道だ口を止める事態にもなりそうで、まず一日一人あたり50リットルの水量制限を始めたそうです。大変厳しいと言えるでしょう。ちなみに日本では、一日に使う水の量は一人あたり平均東京では219リットルだそうです。何と贅沢な水の使い方であるか知らされます。日頃は水が出るのがあたりまえになっていますが、実はそうではないことに気づかされます。
世界各国では、これからいかにして水を確保するかが大きな問題となっています。争奪戦になる様相を呈しています。
水を大切に。日頃から忘れないように心がけたいと思います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_22075173.jpeg

by junshoji | 2018-02-25 22:07 | 住職日記

チャレンジ   

2018年 02月 24日

 穏やかな日が続いています。いっときの寒さは感じません。気温はまだ日中でも10℃以下ですが日差しは春の陽気を感じます。
さて、夕刻、ご縁あってお若い方々女性を含めて5人と今後のお寺の在り方等についてご意見をいただきました。
ホームページも時代の変化に合わせてどう変えてゆくか。等々。これからもっと気軽に楽しくお寺に来てもらえるよう、いろんなことにチャレンジ・挑戦してゆこうと思っています。
皆さんありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_21451842.png

by junshoji | 2018-02-24 21:44 | 住職日記

人に優しく   

2018年 02月 23日

 誰しも人に優しくされると嬉しいものです。ちょっとした心遣い・言葉で癒される時もあります。では、これは自身に問いかけているのですが、いつも人に優しく接しているかどうかです。いつも反省しきりですが、自分自身が気持ちのいい時には人にも優しくなれますが、そうでないとなかなか優しくなれません。これは実は身勝手・自己中心的な我が身の表れなのです。いつでもどんな時でも、相手を思い感じ接することは決して簡単なことではないことに気づかされます。
人から受けた優しさを忘れずに、その時の気持ち・感謝を忘れずに、次の方に繋いでゆく気持ちで、自然に振る舞いたいものであります。
優しさは、まず顔に出ます。その優しさのあふれた笑顔に、人は癒され元気が出るのです。
笑顔=優しさ。今日は何人の方々に、笑顔・優しさを伝えることができたか考え反省しましょう。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_07383118.jpeg

by junshoji | 2018-02-23 22:37 | 住職日記

お薬   

2018年 02月 22日

 小生も今年59歳になります。現在2、3カ所の病院・医院を定期的に通院しています。その度毎、受診の後、お薬をもらって帰ります。
一日少なくともそのお薬は数種類になります。特に朝は一般のサプリメントも飲んでいるので相当な数の錠剤になります。
今日の朝刊に掲載されていましたが、高齢者になれば、複数のお薬を飲むと体内でお薬の濃度が上がりやすくなり、成分が体外に排出されるまでに時間がかかるそうです。その結果さまざな副作用が出やすくなるそうです。
昔から言われていましたが、薬は飲み方によっては毒にもなるということです。できれば、薬は飲まないに越したことはないと言えるでしょう。
檀家さんにこんなお方が実際おられます。長い間、一日10錠ぐらいのお薬を毎食後飲んでいたそうです。しかしながら、どうもめまい・鬱・食欲不振が続いたそうです。その頃は私から見てもほんと元気がなかったのです。そして、通院の度にお薬が増えてきました。そのお薬の副作用かどうかはわかりませんが、思い切ってお薬を飲むのを止めてみると、何と数週間後には身体が軽く・楽になったそうです。今では、一種類のお薬しか飲んでいなくてもお元気で明るく過ごしておられます。お薬と服用を止めたことと因果関係はお医者さんでもわからないそうですが、まさに、お薬には少なくとも副作用があり、ただお薬を増やせばいいのではなく、増えれば増えるほど副作用のリスクも上がると言っても過言ではないでしょう。
お薬に頼らない健康がいかに有り難いことかに気づかしていただいております。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_21403197.jpeg

by junshoji | 2018-02-22 21:39 | 住職日記

大阪   

2018年 02月 21日

 夕方ロータリークラブの先輩からお誘いを受けて大阪へ行きました。久しぶりの大阪でした。JR大阪駅を降りてまず感じたのは、人の多さです。駅も広大で何処から降りたらいいのかわからなくなりました。
また、海外からの観光客の多さにもびっくりしました。神戸では考えられないほど多いなあと感じました。
大阪の街は、本願寺・第八代目のご門主さま・蓮如上人が作ったと言っても過言ではありません。
大阪城は、元はご本山・西本願寺があったのです。
御堂筋は、北御堂・津村別院と南御堂・東本願寺の別院のお寺の鐘がよく聞こえるようにと、現在の幅広い長い道・御堂筋ができたのです。御堂とは、まさに東西本願寺のお寺を言うのです。
御堂筋には、西本願寺に貢献・支えてきた企業,会社が立ち並んでいます。つまり、本願寺のお寺の近くにと、御堂筋に集まって来たと言われています。
来年2019年には、大阪でG20・主要20ヵ国・地域首脳会議が開催されることが決まりました。
大阪は東京とは違った魅力を感じる街であることは間違いありません。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_07395286.jpeg

by junshoji | 2018-02-21 22:05 | 住職日記

生まれてくる命   

2018年 02月 20日

 アマゾン・ビデオで、テレビドラマ『コウノドリ』を立て続けに休みなく鑑賞しました。総合的な周産期母子医療センターでの医者・母体・赤ちゃんを取り巻くドラマです。命をテーマに、決して茶化すことなくまじめに、出演している配役がみんないい人ばかりで、素晴らしい熱演でした。出産直近の赤ちゃんも出ているのです。感涙・感動せずにはおれません。主役の綾野剛さんなる産婦人科医が、常に「出産は奇跡である」と。ドラマのなかで言っていました。そうです。この世に命を授かるということは奇跡なのです。人として生まれて来ることはさらに奇跡と言えるでしょう。出産は当たり前ではない。母親は命がけで赤ちゃんを出産するのです。ともドラマで語られていました。
今日の朝刊に、知的障害などを理由に強制的に不妊手術をされた人が大勢おられることが報道されていました。
今や人間は生まれて来る命・赤ちゃんを出生前検査によって病気・障害を調べることができるそうです。人間が命を選別する・できる時代なのです。
命に善し悪しはあるはずがありません。それを選別することはしてはいけない。大きな罪であると思うのです。
尊い命とはすべて皆平等であるはずです。
決して無駄な命などひとつもないのです。
この世に生まれて来ることは奇跡なのですから。その命・奇跡を守り、育ててゆくのが社会・家庭ではないでしょうか。
おかげさまだからこそ、『一日一生』。これもドラマで語られていました。今を後悔しないよう精一杯生きぬくのです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_22084285.jpeg

by junshoji | 2018-02-20 22:07 | 住職日記

パワーは感謝から   

2018年 02月 19日

 平昌冬季オリンピックで若い日本選手が頑張っています。これまでメダル10個を獲得しています。これは長野冬季オリンピック以来になります。
メダルを獲得した選手の記者会見を拝見していると、メダルを取られる選手は、必ず皆さん先ず最初に、感謝の意を言葉に出しています。自身1人だけの力ではない。周りの大勢の方々に支えられ、育てられていることに気づき、素直に受け止め感謝しておられます。この気持ち・感謝こそが底力となって素晴らしい演技・記録が出てくるのです。その結果がメダル獲得です。ここまで来るには小生には想像し得ない苦労があったことと思います。ケガもしたでしょう。悩んだこともあったでしょう。しかし、いつも自身を見守り、支えてくださっている方がおられることを、まさにおかげさまと感謝できる人である。そのパワー・感謝があれば必ず善い結果が出ることを教えていただいています。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_21243646.jpeg

by junshoji | 2018-02-19 21:23 | 住職日記