<   2015年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

細雪   

2015年 04月 20日

 谷崎潤一郎の作品の中で、「細雪」は有名です。昭和を代表する名作の一つであることは間違いないでしょう。
第二次世界大戦を目前にした関西上流階級の四姉妹の物語です。
この「細雪」の舞台公演を大阪新歌舞伎座で鑑賞できる有り難いご縁を頂戴いたしました。
昭和41年に初演されてから実に上演回数は1400回を超えるそうであります。
そして、大阪では今回の舞台・俳優陣では何と初公演だったのです。
長女鶴子を高橋惠子さん・次女幸子に加来千香子さん・三女雪子に水野真紀さん・四女妙子を大和悠河さんが演じていました。
演技はさることながら、艶やかな着物姿には魅了されぱっなしでした。
優雅で豪華なゆったりとした舞台でありました。
上演後には、太川陽介さん・高橋惠子さん・加来千香子さんの楽しいトークショーも披露されました。
個性豊かな俳優さんたちの演技力には誠に感動いたしました。
ありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2015-04-20 21:29 | 住職日記

継職奉告法要   

2015年 04月 19日

 日頃からお世話になっておりますご法中さまの住職継職奉告法要があり、小生、会奉行・会係という大役を務めさせていただきました。
当寺の三代目の住職継職でありました。
小生も想い出すに、平成5年・あの阪神・淡路大震災の約1年半前に順照寺の四代目住職として、継職奉告法要を勤めさせていただいことでありました。
お寺の法要のなかで、落慶法要は一生涯の間に二度経験することがあるかもしれませんが、この継職奉告法要は一生に一度しかないまさにおめでたい法要であるのです。
会奉行・会係というのは、法要を司る責任者でもあります。
法要の流れ等をすべて把握して、厳粛な法要にしてゆく責任があります。
今日は、出勤法中の皆さまにご協力いただきながら無事に円成することができました。
これもひとえに佛さまのご加護の賜物であると感謝せずにはおれません。
ご縁ある方々には大変お世話になりまして誠にありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2015-04-19 20:51 | 住職日記

開創1200年   

2015年 04月 18日

 真言密教の根本道場である高野山は、弘法大師・空海によって開かれてから1200年になります。
今、開創1200年記念大法会が50日間にわたって盛大に勤められています。
この度の大法会では、記念事業として172年ぶりに中門が再興されました。
須磨区佛教会では、毎年秋に研修旅行を計画しています。この記念すべき年に高野山を参拝することになりました。また、お昼には精進料理をいただきます。
ご縁のある方は是非ご参加ください。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2015-04-18 22:05 | 住職日記

役員会   

2015年 04月 17日

 久しぶりに春らしい晴天となりました。近頃、雨が降り続いておりましたが、今日は気温もグンと上がり暖かくなりました。
さて、新年度が始まりこれから総会開催の時期でもあります。
そんななか、本日夕方から、順照寺におきまして、須磨区佛教会の役員会を開きました。
小生、須磨区佛教会の会長として早一年が経ちました。
この一年の行事並びに会計報告、そして、次年度・平成27年度の行事予定並びに予算案について確認・協議いたしました。
須磨区佛教会はみんな仲が良く、いつも和気あいあいであります。
今日昼間は須磨区佛教青年会のゴルフコンペがあり、役員の一部も参加しておりました。
総会の日時も決まり次年度の想いを新たにした次第であります。
役員の皆さんご苦労さまでした。
ありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2015-04-17 21:41 | 住職日記

出遇い   

2015年 04月 16日

 小生の主治医である耳鼻科の先生が先月転任され、今日初めて転勤されてきた新しい主治医の先生とお会いしました。
転任された主治医の先生は女医さんだったので、今度着任されて来る先生は理由もなく男の先生だろうと勝手に思い込んでおりました。
今日は普段より待ち時間が長く感じました。うとうと眠りにつき始めたころ名前を呼ばれて入室してびっくり。小柄な女医の先生だったのです。勝手な思い込みがあり、何の心構えもしておりませんでしたから、初対面なのに何故か緊張してしまって丁寧に挨拶ができませんでした。お若い先生ですが、テキパキした口調で容態をお聞きくださり、処置をしてくださいました。
そして、来月の予約を確認して「ありがとうございます」といつものようにお礼を申しますと、先生の方からも何と「ありがとうございます」とお声をかけていただいたのです。何となく嬉しくなり、ホッとした気分になりました。
先生から「ありがとうございます」おっしゃってくださったこと何の違和感もないなか、気持ちよく病院を後にすることができました。
「ありがとうございます」は人を心地よくする真心のことばであることに改めて気づかされました。
新しい出遇い=ご縁に只々感謝するばかりであります。
先生これからも何卒よろしくお願い申しあげます。
「ほんとありがとうございました」
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2015-04-16 21:44 | 住職日記

スーパー喜劇   

2015年 04月 15日

 事務作業に追われるなか、気分転換に是非とお誘いを受けて、大阪松竹座で上演されているスーパー喜劇・かぐや姫を鑑賞して来ました。
藤山直美さんのかぐや姫役で、喜劇とスーパー歌舞伎を融合させた新鮮な舞台でした。
日本最古の竹取物語を題材にして、笑いあり涙ありの見どころ満載の豪華なステージでした。
笑いは日頃のストレスを発散してくれます。
有り難いご縁に感謝申しあげます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝
d0184114_851737.jpg

by junshoji | 2015-04-15 20:09 | 住職日記

連日の雨   

2015年 04月 14日

 ここしばらく花冷えのなか雨が降り続いています。
気温も低めでじっとしていると肌寒さを感じます。
例年になく4月らしくない天気であります。
とは言っても、一時のあの冬の寒さはもうないでしょう。
何か身体がすっきりしないと言われる方が増えています。新年度が始まり慣れない環境の中で、ストレスも加わり影響しているのでしょう。
小生も連日資料作りに追われています。毎年のことではありますが、時間に追われ急かされいるようで、なかなかのんびりできません。あまり詰め込んで作業するとついついミスをおかしてしまいます。
ストレスだけはためないよう気をつけたいと思います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2015-04-14 21:41 | 住職日記

過去最低   

2015年 04月 13日

 昨日行われた神戸市議会・兵庫県議会選挙の投票率が発表されました。
神戸市議会選挙は、41.55%・兵庫県議会選挙は、40.55%であり、共に過去最低の投票率となりました。何と半数以上の有権者が選挙に行っていないのです。
特に兵庫県議会選挙では、無投票で当選者が数多く決まっています。
投票率の低さ・無投票は、現在の選挙制度そのものに問題があることを露呈しているのではないでしょうか。
有権者のただの無関心では済まされない事態であります。
今日早々に、トップ当選された方、現職で落選された方が、ご丁寧にご挨拶に来られました。
共にこれから厳しい4年間であることは間違いありません。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2015-04-13 21:20 | 住職日記

投開票   

2015年 04月 12日

 寒さも緩み妙法寺川公園では、葉桜の下、遅めの花見宴会が行われていました。
さて、そんななか、神戸市議会並びに兵庫県議会の投開票の日でもありました。
今回も有権者の関心は高まらず、投票率の低さが気になります。
特にお若い人たちは、選挙という意識が非常に低いことに気づかされます。
選挙の在り方・仕組みを変えるべき時期ではないでしょうか。
兎にも角にも、投票率が上がるような選挙制度を構築すべきです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2015-04-12 22:30 | 住職日記

減少   

2015年 04月 11日

 4月とは思えない肌寒さを感じます。
小生・住職の毎日の仕事と云えば、まず檀家さん参りであります。早朝8時過ぎには1件目のお家に行かせてもらっています。
そのご家庭のご先祖さまのご命日にご仏壇の前で読経させていただくのです。
そして、このひと月の無事をお互い確認・感謝する場でもあるのです。
振り返れば、あの阪神・淡路大震災以前は、月忌参りに行く件数は多かったのですが、ここ数年は減少の一途をたどっています。
あの阪神・淡路大震災から月忌参りに対する意識が変化したと云えます。
関西、特に神戸・大阪では、ごくごく普通にどのご家庭も月忌参りをされていました。それが、現代の情報氾濫・インターネット社会のなか、家庭よりも一個人の自己中心的な考え・都合が優先され、ご先祖さまを敬い・慕うという意識が薄れてきたように思えてなりません。
月忌参りを通して、今は亡き・眼には見えないご先祖さま=佛さまのご加護があればこそ、穏やかに過ごせるのであり、そのことに感謝申しあげる場が、ご家庭のご仏壇なのです。
月忌参りが減少するなか、改めて月忌参りの有り難さを感じずにはおれない昨今であります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2015-04-11 20:43 | 住職日記