<   2014年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧   

滑舌   

2014年 04月 20日

 春らしい暖かい日が続いていましたが、今日は一転・時折雨が降り気温は低めで、肌寒い一日でした。気がつけば、早いもので4月も20日であります。来週は、いよいよ世間ではゴールデンウィークに入ります。小生、いろいろとしなければならない仕事が多々あるのですが、なかなか思うようには進んでいません。恥ずかしながら、言い訳ばかりしております。さて、今日放送された、安倍晋三総理大臣が出演した・たかじんのそこまで言って委員会を録画して観ました。安倍晋三総理大臣は、あらゆる質問に瞬時に答えておられました。それもついつい言い過ぎてしまう政治家が多いなか、安倍晋三総理大臣は堂々としており、動じず失言はまったくありませんでした。さすがであります。感服いたしました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2014-04-20 21:44 | 住職日記

大阪視察   

2014年 04月 19日

 安倍晋三総理大臣が、アメリカ誌・TIMEアジア版の最新号に特集されました。表紙には安倍晋三総理大臣の顔が大きく掲載されています。今回で4回目になるそうです。そんななか、安倍晋三総理大臣は、昨日、大阪を訪問・視察しました。お昼すぎにまず、読売テレビの「そこまで言って委員会」に出演・収録してから、勢力的に大阪市内を駆け回りました。まず、通天閣の串揚げ店で昼食。昆布店でお買い物。その後、中小企業3社を視察・対談。そして、あべのハルカスへ。松井大阪府知事並びに橋下大阪市長と会談。夕方、6時過ぎには何とユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ。そこでは、ケネディ駐日大使が同行しました。夕食は8時半頃、北新地で。10時半頃にリーガロイヤルホテル大阪に到着・宿泊しました。大阪市内は、安倍晋三総理大臣が移動する度に歓声と熱気に包まれていました。とにかくすごいとしか言いようがありません。まさに分刻みの移動でありました。安倍晋三総理大臣は、月一回はあちこちに視察に訪れているそうです。いつも思うことではありますが、総理大臣の職務は何と言っても体力がなければ務まりません。安倍晋三総理大臣の行動力にただただ頭が下がります。お疲れさまでした。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2014-04-19 21:21 | 住職日記

少子化の影響   

2014年 04月 18日

近年、少子高齢化が急速に進み、子どもの数がどんどん減り続けて、60歳以上の高齢者の比率が年々高くなっています。最近のデーターによりますと、最近、女性の晩婚化が益々進み、出産・初産の平均年齢は今や30歳前後と云われています。生涯結婚をしないと云う女性も増えています。そんな状況下で、少子化により、大学をはじめとする学校経営も苦しいようであります。生徒を募集しても入学定員に満たない大学が特に多くなってきました。つまり、学生が集まらなければ経営が成り立たないことになります。報道によりますと、神戸ポートアイランドにある単科大学が、2年ほど前から定員割れが続いており、来年以降の募集を停止するそうです。この学校法人は、幼稚園・中学・高校・短期大学を運営してはいますが、それでも少子化の影響をまともに受けた状態で、定員割れの現状では、大学の維持運営ができなくなってしまったのです。少子化・高齢化問題は日本の姿を急速に変えようとしています。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2014-04-18 22:21 | 住職日記

大事故   

2014年 04月 17日

 乗客乗員475人を乗せた韓国の旅客船・セウォル号が、韓国南西部珍島付近で沈没しました。男女数名以上が亡くなり、未だ280人以上が安否不明・行方不明となっています。旅客船は、何かにぶつかり船体が傾くとあっという間に沈没したそうです。沈没した船内には生存者が多数おられるみたいで、救出を求めるメールが家族に届いているそうです。沈没した海域は潮の流れが早く、救出は困難を極めています。船内に空気を送り旅客船を浮き上がらせようとしていますが、なかなか思うようには進んでいません。この旅客船は五階建てのビルに相当するようでまた、内部構造はかなり複雑に作られているようです。何れにせよ、旅客船内には暗闇の中で、修学旅行の高校生らが助けを待ち続けています。痛ましい大惨事、大事故となってしまいました。犠牲となられた方々に謹んで哀悼の意を表します。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2014-04-17 21:55 | 住職日記

歌舞伎・オペラ・能   

2014年 04月 16日

 京都南座で特別公演されている・市川海老蔵他出演の「源氏物語」を坊守と共に鑑賞して参りました。【歌舞伎とオペラと能】この三者が何と一緒に舞台を作りあげたのです。まったく異なる伝統的文化が共演しました。メトロポリタンオペラのカウンターテナー歌手・アンソニー・ロス・コスタンツォと市川海老蔵並びに能楽。異次元的空間と幻想的な歌と舞のステージでありました。オペラと能・オペラと歌舞伎・歌舞伎とお能によって、これまでに経験し得なかった演出であり、感動を全身で感じました。「源氏物語」を通して日本の美的感覚に改めて気づかされたのです。有り難いご縁に深く感謝申しあげます。ありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝
d0184114_753476.jpg

by junshoji | 2014-04-16 20:45 | 住職日記

打ち合わせ   

2014年 04月 15日

 4月・5月と云えば、新年度始まりで組織・団体の総会の時期でもあります。そんななか、神戸真宗連盟主催の「第41回親鸞聖人報恩まつり」開催まであとひと月余りとなりました。今日、主だった役職の方々にお集まりいただき、小生の作成した資料の確認作業をしていただきました。何分、神戸真宗連盟の庶務は初めての経験であり、不慣れであります。しかしながら、前任者の方にいつも親切にご指導いただきながら、何とか仕事を進めることが出来ています。【拝受した限りは悔いのないように】と、いつも念じながら準備等させていただいております。今日お集まりいただいた役員の皆さん本当にありがとうございました。深く感謝申しあげます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2014-04-15 22:23 | 住職日記

2年ぶりの検査   

2014年 04月 14日

 穏やかな春日和となりました。さて、医者ならぬ僧侶の不摂生ではないですが、気がつけば昨年は一度も胸レントゲン・腹部エコー・胃カメラ・採血をしておりませんでした。主治医の先生からこの期に検査をしましょうとお勧めいただき、朝食を抜いて、今朝一番に検査を受けました。胃カメラ検査の際、ポリープが見つかり、採取して精検へ。腹部エコーでは、相変わらず肝臓が脂肪肝で、膵臓・胆管は異常なし。胸レントゲン撮影も2年前とは変わらずと言われました。採血と検便・精検の結果は後日聞きに行きます。胃カメラ検査は、鼻から注入して検査するのですが、小心者の小生・緊張して力が入り、看護師さんに言われるようにリラックスはできませんでした。どうも検査は苦手であります。今年で55歳にもなりますが、日頃自身の身体を労わることもなく、ついつい暴飲暴食・度が過ぎていました。一つひとつの細胞からなる臓器・60兆もの細胞が一生懸命働いてくれていることに、日頃は気づいてはいません。今日いろんな検査を受けて、健康は当たりまえではないことに改めて気づかされました。主治医の先生並びに看護師さんありがとうございました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2014-04-14 22:19 | 住職日記

桜花舞い散る   

2014年 04月 13日

 肌寒い一日でした。どんよりした曇り空が続きました。妙法寺川公園の桜の花も舞い散り、川沿いの桜並木は一面桜花のじゅうたんとなっています。今年の桜は、一気に咲きほこりましたが、雨風にも負けずに長い期間花を見ることができました。お花見に来られた方は、気温が低かったためか例年よりも少なめでした。そんなお花見の時期が過ぎ、惜しむかのように桜花が舞っています。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2014-04-13 20:49 | 住職日記

龍馬の手紙   

2014年 04月 12日

 坂本龍馬(1835年〜1867年)が暗殺される直前の手紙が、先日、東京都内で発見されました。それもごく普通のご家庭で保管されていたそうです。土佐藩の後藤象二郎に宛てた手紙だそうで、筆跡や内容から直筆であることが証明されました。その手紙には日付がないことから草稿であると判断されました。光岡八郎・後の由利公正と明治新政府樹立に向けて、将来の日本国の在り方について語り合った内容が書かれています。由利公正と云えば、あの「五箇条の御誓文」を起草し、新政府の財政を担当した大物であります。この度の坂本龍馬の手紙が発見されたことにより、如何に坂本龍馬が新政府樹立・新しい日本を建国するために大いに尽力したかがよくわかります。改めて坂本龍馬の偉大さが知らされます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2014-04-12 22:02 | 住職日記

うんざり   

2014年 04月 11日

 野党・みんなの党の浅尾慶一郎幹事長が、新しい代表に選出されました。前代表の渡辺喜美代氏が、不明瞭な8億円借入金問題で辞任した後任であります。借りたお金は、政治資金ではなく、個人的に借りたものだと主張していましたが、貸したお相手は、「あのお金は政治資金として貸したものである」とはっきりと表明しています。それはそうでありましょう。誰が8億円もの大金を個人的に貸してくれましょうか。いろいろと前代表は弁解しておりましたが、疑問だらけで何一つ信じることはできません。大変失礼ながら、嘘を言っているとしか思えないのです。政治家の嘘はまかり通ると言いたいのでしょうか。あまりにも言い訳が幼稚過ぎた政治家であります。もう二度と表舞台には出て来られないでしょうが、嘘をつく政治家は辞するべきであると思います。いつまで経ってもお金を取り巻く古き政治家がいる現状が情けなくなってしまいます。もううんざりであります。兎にも角にも、まず政治家たるもの・公の場で嘘をつくのはやめましょう。有権者の一人として切に願うことであります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2014-04-11 21:53 | 住職日記