<   2012年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

あれから1年7カ月   

2012年 10月 11日

 あの東日本大震災から1年7カ月の今日現在、大震災・大津波で亡くなられた方々は15871人。そして、行方不明の方々はいまだに2778人おられます。テレビ・マスコミ等々において、東日本大震災・被災地の現状を報道することは、日ごとに少なくなっています。特に、関西以西はそのことを強く感じます。しかしながら、東日本大震災・被災地の状況は決してよくなってはおらず、福島県第一原子力発電所事故をはじめとして、復興への灯火さえ見えていない地域もあります。小生はそれを肌で感じてきました。被災地の方々はじっと耐えておられ、先の見えない生活を必死で生きておられます。今一度、国をあげて被災地の復興を大がかりに支援すべきです。復興予算が有効に使われていません。復興予算が、被災地とまったく関係ないところで多額に使われています。臨時国会は開かれる動きすらありません。野田総理・政権与党民主党は何を考え、今何をしようとしているのか。観えてきません。【東日本大震災・被災地の復興なくして日本再生は有り得ない】。このことを日本再建の灯火とすべきであります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-10-11 17:29 | 住職日記

東日本大震災被災地研修2日目   

2012年 10月 10日

 秋晴れの気持ちのいい東北・仙台の1日でした。東北・被災地研修2日目でした。早朝より石巻市の浄土真宗本願寺派の称法寺さまへお見舞い・参拝させていただきました。悲惨でした。本堂内を大津波が通り抜け、お内陣がなくなっていました。山門は基礎部分だけが残っています。海岸線を身近に見れば観るほど、大津波の被害の大きさ・恐ろしさをしみじみ身をもって感じたことでありました。快く迎え入れてくださった被災地の皆さんの笑顔には、ほんとうに頭が下がりました。ありがとうございました。今後もご縁のある限り、心ばかりのご支援を続けてまいります。有意義な研修・ご訪問できましたこと感謝せずにはおれません。必ず近いうちに再度、東北へ参りたいと思っております。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-10-10 19:16 | 住職日記

東日本大震災被災地訪問   

2012年 10月 09日

 須磨区・長田区の浄土真宗本願寺派のお寺で組織している神戸西組(こうべにしそ)の有志が、東日本大震災の被災地を訪問しました。早朝伊丹空港から仙台空港へ。まず被災寺院の専能寺さんをお見舞い・参拝しました。次に仙台市内に拠点を構える本願寺派東北教区・仙台別院をお訪ねしました。支援金をお渡しし被災地の現状をお聴きしました。小生にとっても仙台市へ赴くのは初めてでありました。仙台市内は、復興事業が盛んに行われていて、ゼネコン企業が仙台市内に集中し人が多く、云わば活気がありました。しかしながら、市内を少し離れ海岸沿いを通ると、いまだに悲惨な状況は変わっていません。よく阪神・淡路大震災と比べて事を語りますが、まったく神戸とは状況が違い深刻であります。あまりにも大津波による被害地域が広すぎます。現在でも仮設住宅には約10万人以上の方々が住み、不自由な生活を強いられています。また、福島第一原子力発電所事故のあった福島県はより深刻な状況です。日本再生は、東日本・東北の復興なくして有り得ないことを真に肌で感じました。今東北・被災地の方々は、堪え忍びながら必死で生きてゆこうとされています。いろんな教えを被災地で受けた有り難いご縁でありました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-10-09 20:12 | 住職日記

体育の日   

2012年 10月 08日

 秋らしい爽やかな三連休の最終日でした。今日は体育の日です。小生の幼い頃は、体育の日と云えば必ず10月10日でした。いつも晴天に恵まれる晴れの特異日でした。連休を無理やり作り、祝日を毎年代えるハッピーマンデーなるものは止めてほしいと、小さな声で言い続けています。さて、この体育の日にちなんで毎年文部科学省は、体力調査を実施しています。それによると、子どもたちの運動能力は5年連続して向上しているそうです。しかしながら、最近の子どもたちは、携帯ゲーム等に夢中になり、昔に比べて外で遊ばなくなっています。その結果、走る時なんと信じられない話ですが、右手と右足がいっしょに出たり、まっすぐに走れない子どもが増えているそうです。また、20代から30代の女性が運動をしない傾向になっています。小生も運動しない一人で反省しきりですが、日頃の軽い運動は長寿に繋がります。軽い運動=健康的な日常を送りたいものであります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-10-08 18:36 | 住職日記

誇れる日本製   

2012年 10月 07日

 iPhone5がよく売れているそうです。小生も遅ればせながらお店にiPhone5を申し込みに行くと、入荷時期は未定であると素っ気なく言われてしまいました。発売時の何日も前から店頭に並ぶ気持ちも多少理解できます。そのiPhone5を、バラバラに分解した会社がありました。iPhone5には、約一千個の電子部品があるそうで、そのきめ細かく眼には見えないほどの電子部品を、なんと顕微鏡で調べたそうです。その結果明らかになったのは、iPhone5の中身の半数以上が日本の企業のものでした。今、日本の企業は苦境に喘いでいると云われていますが、世界中が注目し、生産が追いつかない勢いで売れているiPhone5は、日本の最高技術力によって支えられ・保たれているのです。スマートフォン=iPhone5は、進化し続けています。前モデルのiPhone4Sより、全体の電子部品の数が5%増えているそうです。その中には、小生には、よく理解できませんが、わずか0.2ミリの幅に、不思議なことになんと100層ものセラミック膜を重ね合わせた最先端技術の製品が、取り入れられているそうです。iPhone5内の重要な電池やメモリーまた液晶画面は、ほとんど日本の企業が開発・提供しているのです。それにしても、日本の企業以上にすごいのが、iPhone5を開発したアップル社であります。しばらくは、この勢いは止まることはないでしょう。折しも、アップル創業者のスティーブ・ジョブス氏が亡くなって、5日で一周忌でありました。改めてスティーブ・ジョブス氏の偉大さを感じずにはおれません。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-10-07 19:13 | 住職日記

幸せを招く家庭仏壇   

2012年 10月 06日

 またもや今日から三連休です。あちこちで運動会が行われ、子どもたちの元気いっぱい・威勢のいい声が聞かれました。穏やかな季節・秋の気配を感じます。さて、先日檀家さんでもない方からお電話をいただき、お仏壇を処分したいので、読経してほしいという依頼がありました。後日そのお宅へ参りました。いろんなご家庭内の事情があり、悩んだ末ご連絡いただいたんだなあと思います。そのことをふと、お仏壇のあるお部屋に通された時感じました。しかしながら、どんな理由があるにせよ、お仏壇を廃棄することは不幸な出来事です。お仏壇は、今は亡きご先祖さまを偲びながら、この私がこの世に生・命をいただいたことを、佛様に感謝の気持ちを表す、家庭内において唯一、清らかな場所なのです。その場所がなくなるというのは、私の命を見つめ直す場がなくなるということです。つまり、生きる・幸せの灯火を失ってしまうのです。家庭内には、各家庭ごとにいろんな悩み・苦しみが多々あります。そんななか、お仏壇に向かって手を合わせ合掌・お念佛するその姿こそが、尊く美しいのです。その姿を観られたご先祖さま・佛様は決して見捨てることなく、必ず暖かく優しく導き守ってくださいます。それゆえに、家庭内が穏やかに幸せになれるのです。私たちはそのことを安易にすぐ求めがちですが、本当の幸せとは、少しずつ積み重なって届けられて来ます。日々自然にお仏壇に感謝・御礼する生活を送ることができれば、必ずきっと幸せになる答えが見つかるはずです。ご家庭にお仏壇をご安置することを小生はお勧めします。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-10-06 19:05 | 住職日記

みんな違うから幸せになれる   

2012年 10月 05日

 地球上には、多種多様な生き物がいます。大きさ・形・仕組みはそれぞれ違っても、生物には一様に限られた【命】があります。それぞれ違うけれど、生まれてきては死んでゆく同じ【命】なのです。人類・人間においても、言語・国・肌の違いはあれども、みなすべて、同じ【命】です。この世に存在する【命】は必ず意味のある・目的を持って生まれてきています。決して無駄な【命】は存在しません。そんな世界で、男と女。勉強が好きな人・そうでない人。背が高い人・低い人。おしゃべりが好きな人・苦手な人。等々。それぞれ顔が違うように、同じ人はいません。そう、みんな違っているから、いいんです。それが普通なんです。そして、その違いを認め合うことが、「平等」と云えるのです。しかし、一番危険なのは、人=命をいろいろ比べて善し悪しを語ることです。出遭ったご縁を喜び、互いに違いを認め合いながら、共に限りある【命】を精一杯生ききる姿勢が、自然と幸せになれる・幸せと言えるのです。違いを認め合えば、あなたに幸せが訪れます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-10-05 19:05 | 住職日記

ギブアンドテーク   

2012年 10月 04日

 人は、他人から物やお金をもらって不愉快になることはありません。また、他人から善くしてもらったら、多少なりのお返しをしようと思います。小生も含めほとんどの方が、まず他人から何かをしてもらうことを先行して考えてしまいます。今の世の中は、無条件に与えられる・もらうことを望み過ぎているのではないでしょうか。ただでもらえたら、得したという風潮が広がっています。これでは、社会は決して善くなりません。【ギブアンドテーク】この精神が今一番大事であるはずが、今一番欠けている現代であります。まず、「他の人に利益を与えてから、自ら利益を得てゆく・もらう=ギブアンドテーク」こそが、安定した社会を築いてゆく礎になるのではないでしょうか。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-10-04 19:11 | 住職日記

相も変わらぬ小生   

2012年 10月 03日

 10月に入りましたが、巷ではもう来年のカレンダーが発売され、年賀状の予約が始まっています。小生はいつもながら何事においても重い輿ですが、そろそろ来年の予定を考える時期かなと思うようになりました。いやいやその前に、衣替え=夏物・冬物の入れ替えをしなければと、何か気がせきながらいずれにしても、その内にと物事の先送りが日常的になっています。さて最近、風邪気味で体調を崩しておられる方が増えてきました。病は気からという前に、朝夕身体を冷やさないよう、こまめに服等で調節して気をつけましょう。そして、何よりも十分に睡眠をとり、疲れを溜めないよう自己管理してください。皆さんくれぐれもご自愛ください。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-10-03 19:19 | 住職日記

3度目の内閣改造   

2012年 10月 02日

 野田総理大臣は、昨日3回目・再々内閣改造を実施しました。野田総理になってからまだ1年ほどであります。何故、内閣改造ばかりしなければならないのか。よく理解できないし、新鮮さはありません。世間では、野田政権はコロコロ大臣が代わる・メリーゴーランド政権と呼ばれています。大臣・閣僚を3度も代えるというのは、これは何よりも適材適所でなかったという証しであります。つまり、政権の基盤が軟弱であるという現れです。この度は、8人の民主党議員を初入閣させました。野田総理の発した「近いうち」衆議院解散・総選挙は、いったい何処へ行ってしまったのでしょうか。さらに、民主党を離党しようとする議員の動き・離党者は絶えません。衆議院・単独過半数割れは、もう間近であり、危険水域は目の前です。ひょっとしたら、最後の与党・民主党政権になるかもしれません。民主党内がバラバラの現状では、現実味は大いにあります。この度の内閣は、これから日本はどの方向に向かって進んでゆくのか、はっきりしない内閣であります。いずれにせよ、役職を与えられた議員・大臣は、日本の将来のために、身を粉にして一生懸命働いてもらいたいと、ただただ願うばかりです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-10-02 18:47 | 住職日記