<   2012年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧   

大寒   

2012年 01月 21日

 最も寒い日とされる大寒です。一年を通して一番寒い時期になりました。来週からまた急激に冷えるそうです。橋下大阪市長が率いる大阪維新の会が、近々あろうとおもわれる次期衆議院選挙で200議席を獲得するという、高い目標を掲げて動き出しています。現存の与党・野党では、日本を変える・再生することはできません。次期衆議院選挙で、民主党が大敗することは間違いありませんが、しかしながら民主党が駄目なら、また自民党でという訳にはいきません。勢いのない・政策のない今の自民党に政権・国を任すことは決して許せません。だからといってバラバラ少数野党に任すこともできないのです。そこで決断・実行力のある橋下大阪市長がリーダーの大阪維新の会に日本の改革を委ねてみてはと思うのです。しかし、報道によるとある野党に選挙協力をお願いしているとのことですが、小生は賛成できません。既成政党・支持母体に頼ることなく、すり寄られることなく、あくまでも独自の候補・大阪維新の会だけで推し進めてほしいのです。少人数から始まった頃の初心にかえってほしいのです。国民は冷静に政治家の動向を見ています。大阪維新の会に期待するからこそ、一苦言を発するのです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-01-21 18:43 | 住職日記

驚愕値   

2012年 01月 20日

 プロ野球日本ハムから大リーグのテキサス・レンジャーズへ、ポスティング制度を利用して入団したダルビッシュ有投手。連日大きく報道されています。独占交渉権を獲得したテキサス・レンジャーズは、日本ハムに支払った入札額約5170万ドル(約39億8千万円)、そして何とダルビッシュ有投手に支払う契約金は、推定6年総額で6千万ドル(約46億円)です。テキサス・レンジャーズは、ダルビッシュ有投手を獲得するために、1億ドル以上のお金を使っています。それだけダルビッシュ有投手に対する期待が大きいのでしょう。それだけダルビッシュ有投手の価値が高いのです。それにしてもスケールの大きな話題です。ダルビッシュ有投手は、身長196センチ・体重98キロもあり、まったく大リーグでも引けを取らない存在になることは間違いありません。ますます大リーグが楽しみになってきました。ダルビッシュ有投手の大リーグ・テキサス・レンジャーズ移籍は、日本国民に勇気と希望と元気を与えてくれました。頑張れダルビッシュ有投手。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-01-20 16:20 | 住職日記

大河ドラマ・平清盛   

2012年 01月 19日

 久しぶりに朝から雨が降っています。NHK大河ドラマ「平清盛」が放送されています。視聴率はやや低迷しています。先日兵庫県知事が、大河ドラマ「平清盛」について、素人ながら画面が汚い等と批判的な発言をしました。正直申しあげて兵庫県知事としての発言としては、適切ではなかったと思います。知事として発言すべき内容ではないと思うのです。もっと他に大事な、重要なメッセージを大きな声で発するべきだと思います。確かに、大河ドラマ「平清盛」は、これからの兵庫県への観光事業に影響するかも知れませんが、知事のお立場で、いちドラマの内容に言及するのは、如何なものかと疑問を呈します。それよりも大河ドラマに頼らず、知事ご自身が兵庫県の素晴らしさ・良さをもっとアピールすべきだと思うのです。いずれにせよ、大河ドラマ「平清盛」はこれからです。甚だ勝手な想いですが、平家と源氏の関係をわかりやすく表現してもらい、そして今後の展開に大いに期待しています。兵庫県・特に神戸の福原京にはじまる地域を散策し、小生自身もっと勉強したいと思っています。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-01-19 17:30 | 住職日記

初春大歌舞伎   

2012年 01月 18日

 ここしばらく雨が降らず、空気も身体も喉もカラカラです。このカラカラ天気で、真冬でも脱水症状がおこります。インフルエンザが急激に流行るかも知れません。日本全土は今、サハラ砂漠より乾燥しているそうです。くれぐれも火災等が発生しないよう、また体調を崩さないようご自愛ください。そんななか今日も貴重なご縁をいただいて、大阪松竹座にて大歌舞伎を観賞してまいりました。演目は義太夫狂言の「傾城反魂香」、続いて源頼家の悲劇「修禅寺物語」、顔見世舞踊の代表作で常盤津舞踊の大曲である「積恋雪関扉」でした。坂田籐十郎さんをはじめ市川團十郎さん・市川海老蔵さん他の豪華メンバーでした。歌舞伎は日本の誇りです。これからも伝え残してゆかなければならない、貴重な伝統文化です。有り難いご縁ありがとうごさいました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-01-18 19:40 | 住職日記

あれから17年   

2012年 01月 17日

 早いものであの阪神・淡路大震災から17年を迎えました。今年は、昨年3月11日に発生した東日本大震災を機縁に、各地で行われた追悼行事には、去年より増して参加された方々が多かったようです。6434人の方々が犠牲になった阪神・淡路大震災を決してこれからも忘れることなく、これからも確実に語り継いでゆく責任が小生にもあると感じています。亡くなられた方々の尊い命と引き替えに、今を生き・生かされているこの私の命を大事にしなければなりません。そのことが、亡くなられた方々の死を決して無駄にしない生き方に繋がってゆくのです。大震災・大地震は、またいつどこで起こるかも知れません。その「備えと覚悟」だけは、常に持ち続けましょう。与えられた尊い命を大切にしましょう。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-01-17 17:26 | 住職日記

センター試験   

2012年 01月 16日

 真冬のなか行われた、大学入試センター試験で、各地の会場・試験場側が過去最大のミス・不祥事・トラブルを起こしました。小生にはよくわかりませんが、今年から新方式が採用されたにもかかわらす、試験場・大学側に十分な内容が理解できておらず、また準備が出来ていませんでした。受験生にとっては一生に一度の大事な試験であり、これからの人生を決める極めて重要なハードルであるのに、試験をさせる側に怠慢があったことは間違いありません。受験生にとっては不幸な出来事であり、平等であるべきセンター試験が、不公平になってしまいました。大変残念なことです。小生思うに、センター試験を再度見直し、もっとわかりやすい・シンプルな形に出来ないのでしょうか。もう一つ、真冬のセンター試験・入試の時期を再考し、季節の穏やかな秋ぐらいに実施出来ないものでしょうか。いずれにせよ、受験生の為になる、センター試験であってほしいと願うばかりです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-01-16 18:41 | 住職日記

平成24年度 春の彼岸会法要 東日本大震災物故者追悼法要併修   

2012年 01月 16日

d0184114_19161745.jpg
■日 時:平成24年3月18日(日)

■時 間:午後1時半より

■場 所:慈光山 順照寺本堂

■講 演:春本 幸子 先生 
     「兵庫県スモンの会」代表
 演 題:『元気で生きるためのくすり』

■イベント: 順照寺寄席
      《入 場 無 料》
   出演:桂しん吉、元姫路市民

※桂しん吉さんのHP
↓↓↓

http://k-shinkichi.net/


※2012年3月18日のブログ「春の彼岸会法要」に当日の詳細をアップしました。
 ぜひご覧下さい。
↓↓↓
http://junshoji.exblog.jp/15593060/


※順照寺ホームページには当日の写真もアップしております。
 こちらも併せてご覧下さい。
↓↓↓
http://www.junshoji.jp/h24/20120318

by junshoji | 2012-01-16 12:43 | 過去の行事

阪神・淡路大震災物故者追悼法要   

2012年 01月 15日

 本日午後1時半より、宗祖親鸞聖人750回大遠忌・御正当法要並びに阪神・淡路大震災物故者追悼法要を有縁の方々と共にお勤めしました。薄暗い寒い日中にもかかわらず大勢の方々に参拝いただきました。まず、真宗宗歌を歌い、続いて正信偈をお勤めいたしました。その後総代であられ、本願寺の中央佛教学院・通信教育で現在学んでおられる池本善一さんに法話実習をお願いしました。その後、あの大震災をふり返りながら親鸞聖人のみ教えを通して、小生・住職の話しを聴いていただきました。続いて、檀家さんである北川章子さんのサプライズマジックを披露してもらいました。その後休憩を挟んで追悼コンサートを岩井豊子さんのソプラノ、野本留理さんのピアノで、迫力ある歌声・演奏を楽しんでいただきました。有意義な時間を皆さんと過ごすことができました。詳細、写真等は後日ホームページにアップいたします。ご参拝いただいた皆さんありがとうごさいました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

※順照寺ホームページには当日の写真もアップしております。
 こちらも併せてご覧下さい。
↓↓↓
http://www.junshoji.jp/h24/20120115

by junshoji | 2012-01-15 21:00 | 住職日記

内閣改造   

2012年 01月 14日

 野田総理は一部の閣僚を入れ替える人事を行いました。新聞・テレビ等の各マスコミは、改造内閣と報道していますが、大げさ過ぎます。名ばかりのよくわからない、内閣の改造でしかありません。野田総理はこの度の内閣を、課題を着実に推進するための最善かつ最強の布陣と表現していますが、何か岡田副総理に消費税増税を任せようとしているだけにしか感じとられません。明確な強いメッセージが、未だ野田総理自身から発せられていません。つまり、現内閣でも野田総理カラーが出ていないのです。また、小生が常に苦言提唱している「消費税増税の前に、国会議員自らが身を粉にする・身を削る覚悟」が全く見えてきません。そのような状態では、消費税増税は決して認められません。国民は納得出来ません。国民からムチ打たれる前に、素早く覚悟ある行動をとるべきです。その上で、今後の具体的なプランを立て、事あるごとに議員ではなく国民一人ひとりに向けて説明し、強い信念のもとでわかりやすい消費税増税を実行すべきです。「必ず日本を善くする・必ず日本を再生させる」力強いリーダー・野田総理になってもらいたいのです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-01-14 18:49 | 住職日記

親鸞聖人御正当   

2012年 01月 13日

 宗祖親鸞聖人750回大遠忌法要・御正当に、今日参拝することができました。午前中に法務・お参りを済まし、お昼からのお逮夜法要のご縁に何とか間に合いました。京都らしい冬の寒さの中、満堂の御影堂で、宗祖讃仰作法第三種である音楽法要のお勤め・勤行がありました。ご門主さま並びに新門さまお二人揃って、ご出勤されたお姿に感動いたしました。尊い50年に一度の大法要・御正当に出遭えた貴重な佛縁に、ただただ頭が下がり、感謝せずにはおれません。法要終了後、ご縁マルシェ続いて伝道院そして龍谷ミュージアムへと、時間を惜しみながら足を運びました。気がつけば、はや日が暮れていました。ご同行には感謝申しあげます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-01-13 19:19 | 住職日記