<   2011年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧   

ボランティアとがれき   

2011年 05月 02日

 今日は八十八夜。大型連休にもかかわらず、東日本大震災の被災地には、老若男女のボランティアが多数訪れ、がれき・ゴミの撤去作業等を身を汚しながら、懸命に動いておられます。一人ひとりの思いは別にして、その行動力には、小生本当に頭が下がります。阪神・淡路大震災の時にもがれきの撤去の際は、健康的によくないアスベストが問題になりました。どうかボランティアの方々には、きちんと防御策として、マスク、メガネをつけて作業等をしてほしいものです。また放射線の影響もあるかと思います。ご自分の御身はしっかりと守っていただきと願います。途方もないがれき・ゴミをこれからどう処理するのか。海底には沢山の沈んだがれき等があることでしょう。また未だに発見されていないご遺体をどう引き上げるのか。考えれば善い案が必ずあるはずです。大いなる将来の復興ビジョンを見据えて解決してほしいものです。がれき・ゴミは私達人間が作り発生したものであり、これ以上自然を痛めることなく、迅速ていねいに処理してもらいたいものです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-05-02 14:53 | 住職日記

休日の参議院予算委員会   

2011年 05月 01日

 今日から5月。ゴールデンウイーク・大型連休の真っ只中、今日はメーデーでもあります。今年の連休は東日本大震災の影響で、遠出する方は少ないようです。そんななか今日国会では、休日にもかかわらず参議院予算委員会が開かれていました。今日本の危機において、補正予算成立等々に向けて休日返上で審議するのは当然のことだと思います。今審議し決断を下し即実行すべき事柄が、あまりにも多いことだと思うのですが、それにしても、今日の質疑を聞いていても緊急を要する危機感というものが、今の国会議員には感じられません。世間で国会議員は今何をしているんだと、言われるのはそのためでしょう。菅総理の辞任を促す一方的な意見ばかりで、自分自身に対して何をすべきかまた、どう考え行動しようとしているのか、わからない議員さんばかりです。このことも何度もブログで書いてきましたが、日本の危機・国難にトップリーダーを変える時間的な余裕など今まったくないはずです。この時にこそ国会議員一人ひとりは意識を高め、トップリーダーである菅総理がリーダーシップを十分に発揮できるよう支えていくのが、最も大事な仕事ではないでしょうか。菅総理の責任追求ばかりの質問は聞きたくありません。また民主党の中での菅総理おろしの意見、行動は、そら恐ろしくこれこそ日本の危機・国難です。今の政権与党・民主党は、菅総理が歴史に名を残せるようバックアップすべきです。菅総理も国会議員にではなく、国民に向けて常に強い勇気のあるメッセージを、発してくれることを期待しています。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-05-01 17:55 | 住職日記