2019年 08月 03日 ( 1 )   

葬儀後のご縁   

2019年 08月 03日

 今日も昨日よりさらに暑くなりました。
さらに、台風8号が発生して西日本に近づきつつあります。新たな台風も発生するかもしれないそうです。
さて、今日も初盆のお参りがありました。
お昼過ぎからは、故人の初盆を迎えるにあたって、コーラスを通してお付き合いされていた仲間・お友達が十数名本堂にお参りに来られました。
故人の葬儀の後に連絡が入り、葬儀で最後のお別れができなかったので、初盆に合わせて参拝されたのです。
最近は、家族葬と言われるスタイルが巷では流行っていますが、故人が生前、どんなお方とお付き合いして来たかは、喪主ですらすべて知り得ることはできません。誰しも親しい仲間なら、最後の葬儀には拝顔したい・お別れしたい・お焼香したいと思うはずです。
それを家族葬と言って、家族以外仕切るのはどうかと思います。
今日来られた方々はまさにそれが残念でならなかったのでしょう。
しかしながら、相談して勇気を出して、お友達・仲間を募ってご参拝・お焼香されました。親しかった故人の初盆のご縁に出遇えたことを皆さん素直に喜んでおられました。
葬儀は、人生最後の儀式であります。
故人に代わり喪主さまが務めるのです。
一人でも多くの有縁の方々に葬儀に参列していただくことが、故人への一番のお供え・ご供養になるのではないでしょうか。
今一度、葬儀の在り方を考え直していただきたいと切に願うことであります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20514383.jpeg

by junshoji | 2019-08-03 20:50 | 住職日記