2019年 05月 28日 ( 1 )   

悲惨   

2019年 05月 28日

 また悲惨な事件が起こりました。今日午前7時半過ぎ、川崎市多摩区登戸新町で、私立小学校のスクールバスを待っていた児童らを手当たり次第無差別に刃物で刺したのです。児童17人と大人2人の計19人が次々に刺されました。
そのうち、小学校6年生の女子児童と別の児童の保護者が亡くなりました。
犯人は逃走しようとして身柄を確保されましたが、自ら首付近を刺して死亡しました。犯人は50代だそうです。
何故、こんな悲惨・理不尽な事件が頻繁に発生するのでしょうか。
何故、幼い子どもたちを襲うのでしょうか。
まったく理解できません。
社会・地域に恨みがあったにせよ、何故子どもたちを襲うのか。
いつも弱い者・子どもたちが犠牲になる事件ばかりです。
亡くなった女子児童さん並びに保護者の方は、見知らぬ人に突然刺され、どんなに痛く・苦しかったか。どんなに無念だったか。あまりにも悲し過ぎます。
いつも思うことですが、今一番日本に欠けていることは、早急な教育の見直しです。『命を守り大切にする』という基本的な教育が幼い頃からなされていないのです。
子どもたちの命を守り大切にできない国・社会は、豊かな国・社会とは絶対に言えません。
亡くなられた女子児童さん、保護者の男性に、謹んで哀悼の意を表します。
これ以上犠牲者が増えないことを切に強く願います。南无阿弥陀佛。称名。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20154337.jpeg

by junshoji | 2019-05-28 20:14 | 住職日記