2018年 12月 10日 ( 1 )   

外国人労働者   

2018年 12月 10日

今日も寒い一日でした。
いま国会では、水道事業を民営化しやすくする改正水道法が、衆議院で可決・成立しました。
これに合わせたかのように、出入国管理法(入管法)が参議院でも可決・成立しました。
これは、外国人労働者の受け入れ枠人数を増やす・拡大する目的があります。
今や日本は、超少子高齢化社会・人口減少社会となり、人材・人手不足が深刻化しています。。
赤字会社ではないのに、人材が集まらず、廃業する会社がこれから増えてくるそうです。
日本は深刻な危機を迎えているのです。
それを補うために外国人労働者に頼ろうというのが本音でしょう。
賃金格差はないと言われていますが、実際、日本人より最低賃金より安い賃金で働かされている現状もあります。
行方不明者等が多いとも言われています。
このような諸問題を抱えたままの法案成立は、あまりにも拙速すぎる感が拭えません。
しかしながら、日本は今深刻な危機・人材不足を迎えているのは間違いありません。
合掌 善本秀樹 拝
d0184114_20034119.jpeg

by junshoji | 2018-12-10 20:02 | 住職日記