2018年 09月 26日 ( 1 )   

カタカナ語   

2018年 09月 26日

 秋のお彼岸も今日で明けます。
朝晩は涼しく、日中は少し蒸し暑い日が続いています。
さて、時代の流れ・変化と共に、言葉も変わってまいります。
特に、我々高齢者になるとお若い人たちの言葉が理解できない時があります。
そんななか、最近、カタカナ語も増えて来ました。官公庁でも公用文にカタカナ語がよく使われています。
例えば、ある新聞によりますと、インバウンド=訪日外国人旅行。ワーキンググループ=作業部会。コンソーシアム=共同事業体。フォローアップ=追跡調査。パブリックコメント=意見公募。ガイドライン=指針。等々。
少数意見かも知れませんが、カタカナ語よりも漢字を見て意味を持つ・つかむ方がより理解が深まるように思います。
漢字には、深い意味が込められているのです。
漢字を大事にしたいと小生は思います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_21173449.jpeg

by junshoji | 2018-09-26 21:16 | 住職日記