2018年 02月 14日 ( 1 )   

尊い命を伝える   

2018年 02月 14日

 この世に人として生まれて来ることは奇跡だと日頃から感じています。そして、佛さまのみ教え・願いに遇うことは、さらに奇跡であり、これは不可思議なご縁であると言えるでしょう。そんななか、このご時世、その命が軽んじられ、人の手にとって失なわれる命もなかにはあります。悲しい事件・事故が多発しています。日頃から命の重さ・尊さを感じることが少なくなったのでしょう。学校でも命を語る・教える場の授業も少ないと聞いています。今こそそのことを伝えるのが、お寺・住職の役目ではないでしょうか。お寺・住職は、佛さまのみ教え・願いをわかりやすく伝える努力をしなければなりません。それが、佛さまにご恩返しに出来ができ報謝に繋がるのだと思います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_22023191.jpeg

by junshoji | 2018-02-14 22:01 | 住職日記