2017年 11月 04日 ( 1 )   

一周忌   

2017年 11月 04日

 故人が亡くなって一年目のご命日・ご法事を一周忌と言います。
坊守の母親の一周忌のご法事が実家で営まれました。この一年あっという間でした。義理の父は一人で寂しいことと思いますが、坊守をはじめ3人の娘が交代で身の回りの世話をしています。娘がいてよかった。これが実感ではないでしょうか。特に次女が義父と一緒に住んでおりなおさら助かっています。
人は生まれてくるときも、そして、死んでゆく時も一人なのです。
だからこそ我が命が尊いと言えるのです。
その尊い命が死を迎える時、全てを阿弥陀如来さまに委ねて佛さまにならさせていただくのです。
有り難い『教え』と受け止めてさせていただくと、自然に「ありがとうございます」と『お念佛・南无阿弥陀佛』が声となって出てまいります。
これも阿弥陀如来さまからのお力添え・お働きなのです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝
d0184114_21150428.jpeg

by junshoji | 2017-11-04 21:13 | 住職日記