2014年 01月 30日 ( 1 )   

万能細胞   

2014年 01月 30日

 地元・神戸にある理化学研究所において、iPS細胞よりも簡単に新しい「万能細胞」を作ることに成功しました。世界を驚愕させた新万能細胞=STAP細胞を作ったのは、何と博士号を修得してからわずか3年という、30歳の若い研究者・小保方晴子さんです。研究室では、白衣を着ずに祖母からもらった割烹着を着て、休むこともなく、1日12時間以上研究を続けています。小生にはまったくよくわかりませんが、万能細胞は、身体のどんな部位の細胞にもなれる特別な細胞なのです。私たちの今の身体は、たった一個の受精卵=万能細胞から60兆個の細胞を形成しています。この度のSTAP細胞・万能細胞は、ES細胞やiPS細胞よりも、もっと簡単に作れてリスクも小さいそうです。その方法とは、紅茶のような弱い酸性の液にわずか25分つけておくだけで、ほんとよくわかりませんが、普通の細胞が自然に初期化されSTAP細胞になるというのです。この絶対にできないと云われてきた、普通の細胞を万能細胞に変えたことに、世界中の科学者・生物学者がショックを受けています。すぐには人への応用は難しいと思いますが、歴史に名を残した小保方晴子さんは「100年後の実りを信じて今頑張ります」謙虚さにほんと頭が下がります。陰ながら応援したいと切に願うことであります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2014-01-30 22:19 | 住職日記