2014年 01月 16日 ( 1 )   

簡素化する佛事   

2014年 01月 16日

 最近は月忌参りの件数も減少しています。葬儀もどんどん簡素され、云わば佛事に費用・お金をかけなくなりました。当然結果、月忌参りもしなくなってくるのです。現代の経済状況が即、葬儀や佛事に影響してくると云えます。聞くところによると、関東特に東京では、お通夜や葬儀を一切行なわず、病院から火葬場へ直行する・直葬が全体の約3割にもなっているそうです。この直葬が広がるのは、ある面、経済状況・貧困社会を反映していると云えるではないでしょうか。昔は、佛事をまず第一にしてきました。それが今では、二の次三の次になってしまっているのです。月忌参り減少の中で、改めて現代に合った佛事とは何か、僧侶自身が真剣に考える時ではないでしょうか。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2014-01-16 21:35 | 住職日記