2013年 04月 22日 ( 1 )   

参院予算委員会   

2013年 04月 22日

 連日、寒の戻りとは簡単に云えないほど寒い日が続いています。そんななか、参議院では、予算委員会で総括の質疑が行われていました。小生は、出来るだけ予算委員会の様子を放送があれば、テレビやラジオで、観て聞くようにしています。この予算委員会では、総括ですから、云わば何を質問してもよいのです。今年7月には、参議院選挙が実施されます。何か、質問をする・改選される参議院の先生方は言葉を選びながら慎重になっているような感じがしました。おもしろくありません。この度の参議院選挙は、与党・自民党、野党・民主党にとっても、参議院の単独過半数を維持できるかどうかの勝負どころであります。特に民主党にとっては、命がけの選挙戦になるはずです。さて、聞くところによると、参議院を一年間維持するのには、450億円以上の経費がかかるそうです。良識の府と云われている参議院ではありますが、参議院不要論もあり、世間では厳しい眼を向けられる参議院選挙となることでありましょう。兎にも角にも、参議院であれ、国会議員は、国民が選択し選び、私たちの代表として国会に送るのです。政治におけるさまざまな問題は、国民にも大いに責任があります。だからこそ、国会議員の誰がどんな言動をしているのか、チェックしなければならないと思います。少し早いですが、私たちも参議院選挙に向けて関心を持ち続けなければなりません。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2013-04-22 22:45 | 住職日記