2013年 03月 19日 ( 1 )   

京都の魅力   

2013年 03月 19日

 日中は初夏を思わせる暑さでした。朝は春物・日中は夏物の服がいるようです。さて、京都と云えば年中あちこちでいろんなイベントが行われています。過日、京都の東山一帯が行燈の光で包まれた春の恒例行事「京都・東山花灯路」が開催されていました。今年で11回目でありました。約2500基の行燈が穏やかに情緒あふれる古都・京都を照らしていたのです。また、浄土宗総本山・知恩院では、三門をプロジェクターで投影する「プロジェクションマッピング」がありました。国宝である知恩院の入口・三門を光で演出するのです。小生もこれには驚かされました。発想が奇抜で楽しく、連日大勢の方々が列を作り、幻想的な光に酔いしれていました。日ごろ知恩院に来ることはない若い人たちが、大きな歓声をあげていたのです。京都は、老若男女にとって魅力的な町であり、常に新鮮な古都なのです。そのために、京都の人たちは、日々努力されておられるのです。小生、住職として学ぶべきところは多々あります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝
d0184114_16522517.jpg

by junshoji | 2013-03-19 22:12 | 住職日記