2013年 02月 27日 ( 1 )   

監視社会   

2013年 02月 27日

 生活保護世帯や児童扶養手当の不正受給の増加が社会問題となっています。そんななか、最近はその受給者がパチンコ等のギャンブルで浪費するという事態が増えているそうです。これを防止しようと兵庫県小野市は、浪費している実態があれば、市民に通報を義務化する条例案を提案しています。確かに、税金で支払われている給付金をギャンブルで浪費するなんて言語道断であります。決してあってはならぬことです。また、厳しい財政も一つの要因です。しかしながら、それをお隣どおし・市民に監視・報告させるのは、小生はどうかと首を傾げたくなります。監視と云うよりも不正等が発生しない環境・教育・見守る姿勢こそが大事ではないかと思います。それよりも、もっと不正受給者の罰則を強化すべきではないでしょうか。それにしても、小野市の通報条例案は再考すべきではないかと小生は思います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2013-02-27 22:50 | 住職日記