2012年 07月 31日 ( 1 )   

覆った柔道判定   

2012年 07月 31日

 ロンドン・オリンピックも4日目となりました。柔道と云えば日本独自の国技であります。オリンピックに柔道が取り入れられてから、柔道が変わってきました。ガッツポーズや、柔道着の乱れが気になります。大変失礼ながら、柔らかスポーツになってしまったように思われます。ロンドン・オリンピックの柔道で、日本と韓国の選手が戦い延長戦でも勝負が決まらず、審判の判定で韓国を勝者と決めました。しかし日本側が厳しく抗議しました。すると、何と5分ほどで判定が覆り日本が勝者となったのです。抗議は英語かフランス語でしか認められないそうです。抗議するのもお金がいるのです。本来勝負の判定とは、闘っている者どおしが一番よくわかっており、審判がいなくてもいいはずです。これこそが、日本古来大事にしてきた【道】なのです。そして、立ち振る舞い・作法・姿勢を美しく見せるのも【道】であるはずです。今や柔道は、フランスを中心にしたお家芸のようなスポーツであり、日本の誇れる国技ではなくなってしまいました。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2012-07-31 18:56 | 住職日記