2011年 08月 27日 ( 1 )   

混迷民主党   

2011年 08月 27日

 菅総理が事実上退陣しました。たしか、6月に退陣表明をしたはずです。失礼ながら菅総理の本音は、1日でも長く総理大臣の地位にいたかったと云うのが、正直なところでしょう。人は権力を手にすれば、手放したくないのです。そして次第に、有頂天になり、足元が地につかなくなり不安定になるのです。考えてみれば、安倍首相からこの5年で、毎年総理大臣が代わっています。この大きなツケは、すべて私たち国民一人ひとりにまわってくるのです。菅総理には、東日本大震災が発生したこの機に、日本再生のために、歴史に名を残す、トップリーダーになってほしいと願っておりましたが、日本非常事態宣言・復興のための増税・脱原発といった強い、はっきりとしたメッセージを発信できなかったのが、退陣せざるを得ない大きな要因であると思います。混迷した民主党代表選挙であるのが、国民の一人として情けなく、明日の日本を憂慮するばかりです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-08-27 16:05 | 住職日記