2011年 06月 15日 ( 1 )   

芸能人とテレビ   

2011年 06月 15日

 最近のテレビを見ておりますと、吉本興業の芸人さん達が、特にバラエティー番組には必ずと云っていいほど出演しているのに気付かされます。人気のある若手の漫才師さんらは、ハシゴしているように次から次へと同じような人ばかりが、テレビに出ています。同じく、ジャニーズ事務所のグループ等々は、テレビで見ない日はありません。人気司会者に至っては何番組か時間差的に出ており、何かその人の個性以上に、番組を独占状態しているように見えます。どうして偏って同じような芸能人を扱っているのでしょう。テレビ界は吉本興業、ジャニーズ事務所がなければ成り立たないような状況です。旬の芸人さんが出れば人気があり、視聴率がグンと上がるからでしょう。漫才師、歌手または俳優でありながら、司会やコメンテーターばかりが目立ち、この人は本来何をやっているのか、わからない人もいます。また最近の芸能人は失礼ながら賞味期間が短く、2年ほど経てば、テレビに出なくなっている芸能人が、沢山いることにも最近気付きます。昨今の人気芸能人のギャラ・報酬は、よくテレビに出ている人で月平均2.000万円以上とか。人気司会者になると、年10億円以上になるそうです。だからこそ芸能人になりたがり、芸能人に憧れる若い人が多いのでしょう。しかし、高額所得者の芸能人はごく一部であり、競争は激しくごくごく一部の人しか残ることができないのです。それにしても浮き沈みの激しい昨今のテレビ界です。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-06-15 16:13 | 住職日記