2011年 02月 08日 ( 1 )   

最近の葬儀   

2011年 02月 08日

 近頃葬儀の形式も変化し、また最近ではバスの車体後ろに直葬とか、なかには葬儀はいらないといった派手な広告が目立ちます。直葬とはすなわちお寺と関わらず、法名も読経もなしというのが、今流行りの直葬ではないかと思います。葬儀に何故佛教が関わるようになったかご存知でしょうか。佛教は亡くなった方を弔うだけではなく、身近な方の死を通してこの世の無常を感じ、死が終わりではなくお浄土へ往生・行き生まれることが出来る教えを、阿弥陀佛の必ず救う、必ず佛にさせるという願いを、今一度聞きとめさせていただく貴重な佛縁(佛さまからいただくご縁)が、葬儀であります。形式だけではない。人の死を通して教えをいただく場が葬儀です。今の直葬ブームは僧侶側が「伝えない、言わない」責任が非常に大きいと思います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹拝

by junshoji | 2011-02-08 11:18 | 住職日記