句読点   

2024年 02月 16日

 以前にもブログに掲載しましたが、お若い方とLINE等でメッセージを交換すると、まったく句読点がない返信があることに最近気づかされました。


ある新聞によりますと、句読点があると、冷たく感じるそうです。


例えば、大丈夫ですよ。と送信すると、なんと恐怖心を感じるマルハラスメントになるそうです。


これまでもなんの偏見もなく送受信しておりました。


この現象は、日本だけではないようです。


イギリス・英語圏でも例外ではなく、送信ボタンを押すのが句点の代わりだと言われています。


句読点があると、世界共通で、冷たい・権威的・機嫌が悪いと受け止めるそうです。


時代は刻々変化しているはずですが、小生はまったく追いついていないことに改めて知らされました。


【句読点おもしろ辞典】という本があるそうですが、今から半世紀ほど前、ある国語学者が、目上の人への手紙に句読点を使うと失礼になると説いたそうです。


その理由は、句読点は、読みやすいように指示する行為になると力説しています。


学校では、どのように子どもたちに教えているのでしょうか。


それにしても、句読点をつけない時代だと言われても、はいそうですか。となかなか言えないのは小生だけでしょうか。


句読点は単なる読みやすくするのではなく、むしろ気持ちや優しさが伝わると思っておりました。


合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝

句読点_d0184114_16393272.jpg


by junshoji | 2024-02-16 16:37 | 住職日記

<< ○○さん      春一番 >>