三回忌   

2021年 09月 19日

 今日、小生の叔父(前住職の兄)の三回忌(二年目)の法事を勤めました。

この二年あっという間でした。

叔父が亡くなってから、翌年の冬に、新型コロナウイルスの感染が広がりました。

法事とは、故人を偲んでゆくのはもちろん、残された遺族・私たちのこの世の無事を確認する場でもあります。

おかげさまで、今のところ、新型コロナウイルスに罹ることもなく、元気に過ごすことができています。

このことは、あたりまえではなく、眼に見えない佛さまに導かれ・守られているこの私の命があることに、気づいてゆかなければなりません。

あらためて、叔父を偲びながら、『謙虚さと感謝の気持ちを忘れずに』。日々、生かされている我が命に、合掌・手を合わせ、南无阿弥陀佛の声を聴いて参ります。

ありがとうございます。

合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
三回忌_d0184114_17025331.jpeg

by junshoji | 2021-09-19 17:02 | 住職日記

<< 高齢化率世界最高      民間宇宙船 >>