収束の見通し   

2021年 09月 16日

 新型コロナ変異種ウイルス・デルタ株の新規感染者数は、減りつつありますが、これまでの第4波と比べると以前数値は高いと言えます。

重症者数も同じことが言えます。

緊急事態宣言中ですが、人はまた気が緩み始めました。

月末には、近々の新規感染者数を見ると、緊急事態宣言は一度解除されるでしょう。

そうなるとさらに一気に人は動き出すはずです。

現に、来月に向けて、旅行の予約をする人が急増しています。

ワクチン接種は、50%を超えていますが、ワクチン接種後に、感染する人も増えてきました。

政府は、3回目の接種に向けて準備を進めています。

いったいいつになったら、新型コロナウイルスは落ち着くのでしょうか。

政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長さんは、『一生懸命ワクチンを接種してもゼロにすることはできない』。

その期間については、『収束するまで、2、3年プラスかかると思う』。と述べられました。

しばらくは、withコロナの時代は続くのです。

これが日常になるのです。

緊急事態宣言解除後に来る第6波は、さらに勢いを増すかもしれません。

合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
収束の見通し_d0184114_17310244.jpeg

by junshoji | 2021-09-16 17:29 | 住職日記

<< 世界の100人      100歳以上の高齢者 >>