報恩講法要   

2020年 11月 29日

 早いもので、11月もあと一日となりました。

これまで暖かい日が続きましたが、この時期になると、季節は秋から冬へと進んできます。

そんななか、慈光山・順照寺では、今年の最後の法要『報恩講法要』を午後一時半から勤めました。

今年は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、法要時間を短縮して、有縁の方々と勤めて参りました。

今回の『報恩講法要』も時間を短縮して、約一時間の法要といたしました。

密になることを避けて、席の幅を広げて、検温・消毒を徹底しました。

少人数の法要となりましたが、今年一年を振り返りながら、宗祖・親鸞聖人のご遺徳を偲ばせていただきました。

有縁の方々におかれましては、この一年大変お世話になり誠にありがとうございました。

お疲れさまでした。

合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
報恩講法要_d0184114_20052688.jpeg

by junshoji | 2020-11-29 20:04 | 住職日記

<< 寒くなる      コロナ禍の孤独 >>