休業解除後はより慎重に   

2020年 05月 27日

 兵庫県は、6月1日より、これまで休業要請を行なっていた深夜営業の飲食店等まで、一気に解除することを決めました。

三密を避けながら、感染拡大防止をしながら、いかに営業を続けるか、具体的なガイドライン等は出ていません。

今、九州の北九州市では、第二波と思われる感染者がじわじわと増えてきています。この約ひと月の間、感染者はゼロでした。約2週間前の自粛解除の影響が、数字として出てきています。

兵庫県も一気に解除は、戸惑いしかありません。ここまで必死に自粛して我慢してきました。一気に解除して万が一、新たな感染者が出ると、神戸の繁華街は深い致命傷になります。

特に、接客業には、細かいガイドラインが必要です。その準備や従業員の対応もすぐには無理ではないかと思います。

また、個々のお店が違った対応では、これまでのお客様はなかなか戻りにくいと思います。

新たな日常を迎えて、これを期に、新たな接客業を考案して、大胆に実践すべではないでしょうか。

安心して、信頼できるお店作り・接客が、新たな楽しみを生んでゆくことでしょう。

もう新しい時代は動いています。

合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
休業解除後はより慎重に_d0184114_20095237.jpeg

by junshoji | 2020-05-27 20:08 | 住職日記

<< 本堂でご法事      見上げる >>