緩み   

2020年 05月 13日

 ゴールデンウィーク明けに急に商店街や駅前には人が多くなったことに気づかされます。
普段と変わらぬ様相が戻ってきました。

通勤電車も以前より混んでいるようです。

今、緊急事態宣言最中であります。

明日、緊急事態宣言を見直して、約39県にもおよぶ地域に、解除の方針を示すそうです。

その内容が、公表される前に、報道されたため、一気に自粛ムードが緩んだようです。

一刻も早く経済活動を再開させたいという強い思いがあるようです。現に、あちこちで一気にお店が開いています。

緊急事態宣言解除は、決して安全宣言ではありません。細心の注意が必要です。

このまま、新型コロナウイルス感染拡大が収まってゆくとはとても思えません。

忘れてはなりません。感染は、人が動くから広がるのです。

また、最近特に、新型コロナウイルスで亡くなる方が増えています。このことにもっと注視すべきです。

中国や韓国では、再び感染者が急増して第二波が発生しています。

経済活動を優先させるか。それとも、もっと感染拡大を抑えて完全に収束させるまで自粛を続けるか。大きな二者択一が目の前に迫っています。

前向きに考えれば、新しい時代に向けて、新しい社会を構築してゆくチャンスなのかもしれません。

これから、しばらくの間は、ウイルスと共に生きてゆく社会が求められます。

合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
緩み_d0184114_20541584.png

by junshoji | 2020-05-13 20:52 | 住職日記

<< 緊急事態宣言解除      地震多発 >>