春の彼岸会法要   

2020年 03月 20日

 今日は、お彼岸の中日・春分の日であります。
『暑さ寒さも彼岸まで』と言われてきたように、今日もほんと暖かくなりました。
そんななか、新型コロナウィルス感染拡大に伴い、この現状を鑑み、午後一時半より、順照寺・春季彼岸会法要を時間を短縮してお勤めしました。
このように縮小した法要は初めてであります。
さて、新型コロナウィルス感染拡大により、日増しに感染者数が増加しています。今日から三連休ですが、大阪府・兵庫県の両府県知事は、不要不急の両県の往来を自粛するようにと要請しています。事前に兵庫県・大阪府の両知事は、お互い話し合われなかったそうです。
大阪府・大阪市と兵庫県・神戸市とは、新型コロナウィルス感染拡大の対応が違います。
兵庫県・神戸市も知事並びに市長から、地域独自の対応・メッセージを発信してほしいと強く希望します。
お彼岸の中日にあたり、一日も早く新型コロナウィルス感染拡大が収束できますよう、願わずにはおれません。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
春の彼岸会法要_d0184114_21555689.jpeg

by junshoji | 2020-03-20 21:54 | 住職日記

<< 国の試算      春の季節 >>