過去最低出生数   

2019年 12月 25日

 ここ数年少子化問題が深刻になっています。
今年一年間に生まれたこどもの数=出生数は、86万人あまりだそうです。
この数値は、国の予測していたよりも2年も早いそうで、少子化は加速しています。
明治32年に統計を取り始めて以来最も少ないそうです。
昨年と比べても、5万4千人減少する見込みです。
一方、人口自然減少数は、51万2千人で、昨年より6万8千人多くなる見込みです。これも初めてのことです。
何と、毎年、鳥取県と同じぐらいの人口が減少しているのです。
この出生数減少の原因の一つが、未婚率の上昇です。
50歳で、結婚していない人の割合は、平成27年で、男性では、全体のおよそ4人に1人、女性は、7人に1人となっています。
年々晩婚化が進んでいます。
それに合わせて初めて結婚する年齢も上がっています。男性は、31.1歳。女性は29.4歳です。
一刻も早く日本の社会構造を見直し・再構築してゆかないと、社会保障制度等が崩壊し、大変なことになるのは明らかであります。それほど深刻な問題であります。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
過去最低出生数_d0184114_19401180.jpeg

by junshoji | 2019-12-25 19:39 | 住職日記

<< 寄付      年賀状 >>