竣工式   

2019年 12月 16日

 来年夏に開催される東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場というべき新国立競技場の竣工式が昨日行われました。
36カ月の工事期間を経て先月・11月30日に完成していました。
コンセプトは、木と緑を生かした『杜のスタジアム』です。地上5階、地下2階建てで、高さは47メートルもあるそうです。
60メートル迫り出している屋根には、鉄骨と国産の木材が組み合わされています。
収容人数は、なんと6万人で、観客席は緑色や茶色等五色のモザイク柄になっています。
この新国立競技場では、開会式・閉会式と陸上競技やサッカーの試合会場にもなります。
早々、今月・12月21日には、あの超人気グループ・嵐が出演してオープニングイベントが行われるそうです。
ちなみに、当初の建設費用は膨大でしたが、それでも総工事費は、なんと1670億円だそうです。
これから新国立競技場を大切に維持・管理してゆき、後世に伝え・残してほしいと願います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
竣工式_d0184114_18075208.jpeg

by junshoji | 2019-12-16 18:07 | 住職日記

<< 赤字国債      忘年会 >>