アルコール   

2019年 05月 20日

 小生は現在煙草は吸いませんが、お恥ずかしいことですが、多少お酒は飲みます。
生半可な知識かも知れませんが、世界的にも見ても、お酒がコンビニエンスストアやスーパーで手軽に買えるのは日本だけだそうです。ましてや自動販売機でお酒が売られているのを見て外国人はびっくりされます。昔は酒屋さんしかお酒は買えませんでした。
また、テレビコマーシャルで特に夜家族団らん時間帯にビール等が派手に美味そうに宣伝されています。
今、薬物依存の一つとしてアルコール依存症が問題になっています。
お酒も程よい酔いなら身体には良いそうです。その量は、ビールなら中瓶一本、ワインならグラス二杯、日本酒なら一合までと言われています。それ以上飲み続けると、身体も頭もダメージを受けて依存しやすくなります。
小生も経験がありますが、二日酔で身体がだるくムカムカする時があります。そんななか、夜またお酒を飲んだ瞬間、身体がなんかスッキリしたような感じになる時があります。その時は前日のような酔いをあまり感じません。これは明らかにアルコールに依存している証だそうです。
頭がアルコールを自然に求めている姿・依存なのです。
日本では、一気飲みが一時流行りました。
最近では、飲み放題いという宣伝が目立ちますが、西洋では禁止されています。
あるお方が、「お酒があるから場が和むんだ」と言われました。一理あるでしょう。
これは、医者である弟から聞いた話ですが、イスラム教では、飲酒が禁止されています。しかし、イスラム教の国でも乾杯があるそうで、なんとヨーグルトで乾杯する国があるそうです。ヨーグルトでも十分に場は和らぎ、酒席よりも活発な議論ができたそうであります。
お酒は飲み方によってよい薬にもなりますが、飲み過ぎると毒になるのです。
このことだけは忘れずに、我が身を大事にしたいと思います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20403570.jpeg

by junshoji | 2019-05-20 20:39 | 住職日記

<< 報恩まつり      疲れ >>