快挙   

2019年 01月 27日

 今日も厳しい寒さとなりました。
さて、昨夜はテレビに釘付けでした。
テニスプレイヤー・大坂なおみ(21歳)さんが、何とテニス・全豪オーブンで初優勝しました。昨年の全米オープンに続いて大会2連勝です。グランドスラム・四大大会連勝達成です。
また、最新のランキングでアジア初の第一位が確定しています。
ある新聞に掲載されていましたが、大坂なおみ選手は、「インナーピース」(内側の平和)ですが、その深い意味は、「平常心」を大事にしているそうです。
心が穏やかな時には、何も気にならなくなり、プレーに集中出来て、結果、いいプレーができるとおっしゃっているそうです。素晴らしい・説得力のあるお言葉です。
いくらずば抜けた身体能力を持っていても、心を磨くことなしには十分に発揮できない。と記載されていました。
うなづけます。これは私自身にも通じる・言えることです。
『強くなるとは、心を磨くこと』なのです。
大坂なおみ選手の人柄は、魅力的でひきつけられます。発する笑顔・言葉に夢中になってしまいます。
日本人の一人として、誇りに思います。
大坂なおみ選手ありがとうございます。
おめでとうございます。
しばらく静かに休んでほしいと願います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20311102.jpeg

by junshoji | 2019-01-27 20:30 | 住職日記

<< 因果応報      合同報恩講法要 >>