2019年 01月 10日

 今年は亥の年です。
小生も5度目の亥の年を迎えました。60歳・還暦になります。
まだまだ若いと思っておりましたが、老いを感じる歳になりました。頭の方も、気持ちはまだまだ小学生並みと思っていますが、最近、すぐ物事を忘れがちで、忘れてはいけないとメモすることさえすぐ忘れてしまう時もあります。
年々重ねる老いを素直に認め、受け止めるしかないと思っています。
亥の年・猪=猪突猛進と言いますが、過去を振り返らず常に前を向いて進みたいと思います。
さて、猪は、実は臨機応変な動物であり、町中を走る猪は、これは環境の変化と言えるでしょう。猪も生きるために必死なのです。昔から、「山より大きなイノシシは出ない」。と言われています。
また、猪の眼は非常に優しい眼をしており、『猪目型』と言われ、お寺の鬼瓦の下や止め金具部分にも猪の眼をモチーフにした猪目型・ハート型が備え付けられています。
猪の目は昔から招福があると信じられ、縁起が善いとされてきました。
もう一つ、『お猪口』と言われるように、猪の口に似ているところから由来しているそうであります。
よくよく見れば、猪は愛嬌のある顔をしているのです。
小生も猪目・ハートを持ち、優しい眼差し・笑顔でこれからの人生を楽しみたいと思います。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20473492.jpeg
d0184114_20475296.jpeg
d0184114_20481072.jpeg

by junshoji | 2019-01-10 20:46 | 住職日記

<< 還暦お祝い      二十五回忌 >>