嘘・媚びる・陰口   

2019年 01月 05日

 相田みつをさんの残したお言葉をひと月・日めくりカレンダーにしたものがあります。
いつも目に付く所に掛けています。
そのなかで、『うそはいわない・人にこびない・人のかげぐちはいわぬ・わたしにできぬことばかり』というお言葉が載っています。
毎月そのお言葉を見ると、まさにこの私のことを言ってくださっているんだなあとつくづく思うことであります。
1日何回嘘をつく・言うでしょうか。自身の都合が悪ければ平気で嘘を言ってしまうのです。
媚びる。自身を少しでもよく見せようと・異性をひきつけようと・人に気に入られようと等々。醜い我が身の姿を知らされます。
人の陰口。ここだけの話やけどとついつい人の弱み・陰口を言ってしまう。弱い人間です。
『嘘を言う・媚びる・陰口を言う』。この時の私の顔の表情は、鬼としか言いようがありません。もし、その時の自身の顔を見ることができれば、猛省することもできるかもしれませんが、その愚かさ・醜さに気づかず平気でいる自分自身が恐ろしく思います。
そのことを誰にもわからないとつい見過ごしてしまいますが、佛さま=阿弥陀如来さまは何もかもお見通しなのです。実は常に見られているのです。
『南无阿弥陀佛』と観ずれば、少しは嘘・媚びる・陰口が出なくなるのではないでしょうか。
お恥ずかしい姿を知らされ気づいてゆくしかないのです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_18441940.jpeg

by junshoji | 2019-01-05 18:43 | 住職日記

<< 転換      仕事始め >>