シンプルに生きる   

2018年 09月 19日

 朝晩は秋らしくなりましたが、日中は30℃近くまで気温は上がっています。
さて、今や人生100年とも言われる時代になりました。
政府は年金受給開始年齢を、70歳をさらに引き上げようとしています。いつまで働けと言うのでしょうか。元気で働ける人はそれでいいと思いますが、みんなそういうわけにはいきません。
人に合わせて、比べてどう生きるのではなく、
自分自身に合った生き方を模索してゆく楽しみを見つけ・持ちたいと思っています。
その究極的な生き方・考え方が、シンプルに物事を受け止めるということではないでしょうか。まさにシンプル、イズ、ベストであります。
今どんな辛い・苦しいことがあってもいずれ死を迎え、別れてゆかなければなりません。
それもそう遠くないのです。
何事も悲観的に考えず、何があっても今が一番楽しい・幸せと自身に思い込ませ、その姿・我が身をおもしろ・おかしく観てゆくと、不思議なことに自然に周りが変わって来ます。
考え方・受け止め方一つで、人生は楽しく・おもしろおかしくなってゆくのです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_20591620.jpeg

by junshoji | 2018-09-19 20:58 | 住職日記

<< 平成最後の総裁選挙      樹木希林 >>