スッキリしない   

2018年 06月 05日

 真実を隠そうとすると、後で物事は大きくなります。
隠蔽・改ざんが横行しています。それも立派な大人が。公務員が。
神戸市で市立中学校3年生の女子学生が自殺した事件で、いじめがあると生徒からの聞き取りメモがありながら、神戸市教育委員会主席指導主事・校長の指示で隠蔽されていたことがわかりました。犠牲になった女子学生の命があまりにも軽んじられているのではないでしょうか。あってはならない隠蔽工作です。それも教育委員会が。言葉になりません。
また、財務省の公文書改ざん・破棄問題は、やっと財務大臣が記者会見し、関係者の処分が発表されました。「公文書とは、国民共有の財産で歴史の記録である」と、ある新聞の社説に書かれていました。公文書を改ざん・破棄して、これまで嘘に嘘を重ねて、言い訳ばかりしていた財務省。やっと出た調査結果は、『誰のために公文書を改ざんしたのか』。一番知りたいことがまったく表に出ず、一部の官僚の処分に留めてしまいました。公務員は国民に嘘をつかない・言わない。すべて事実をあきらかにし国民に奉仕するのが公僕であります。何とも情けない・幼稚な財務省官僚並びに大臣であります。このままでは、また同じ過ちを繰り返すではないでしょうか。
少々毒舌になってしまいました。これからの日本を想い案ずるからこそ言わずにはおれません。
嘘を言わない。真実を公にする。そう願わずにはおれません。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_22020562.jpeg

by junshoji | 2018-06-05 22:00 | 住職日記

<< 有り難いお言葉      梅雨入り間近 >>