変わる人の顔   

2018年 06月 02日

 月忌参り・檀家参りをさせていただいていると、いろんなことに気づかされることがあります。その一つは、皆さんご高齢になっておられるということです。
そんななか、60代、まだまだ現役世代と言えます。今では70代はまだお若い方です。80代、ケガさえなければ元気におれる世代です。90代、足腰は多少弱ってきますが、病気さえしなければ、規則正しい生活を送ることができます。100歳以上、歯が丈夫であれば食事も美味しくいただけるのです。好きなものを何でも食べるという習慣が長生きの秘訣のひとつと言えるでしょう。
そして、いずれの世代でも、歳を気にせず恋をすること。いくつになっても恋愛できるお方は皆さん素敵な方が多いです。また、笑顔の素敵なお方は、実際の年齢より若く見えます。
年齢と共に顔は変わってきますが、シワ・シミを気にせず、よく笑い笑顔のたえない姿は美しいと言えます。美しさの基本は、化粧ではなく、笑顔を作ることなのです。
そうなると自然に、何でも興味が湧き、行動します。これが、足腰を鍛えてケガもせず維持できるのです。
人は、年齢だけの枠だけで判断できるものではありません。その人が若くいくつに見えるかというのが一番大事なのです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_21561060.jpeg

by junshoji | 2018-06-02 21:55 | 住職日記

<< 研修会      6月 >>