なりたい職業に   

2018年 03月 19日

 最近のテレビ・ドラマシリーズを観て気づくことですが、ドラマに多く取り上げられる職業は、まずお医者さんでしょう。巨大病院で働く天才ドクターの物語は一種の流行りものと言えます。次に多いのが、弁護士、刑事、教師等々ではないでしょうか。何故、流行り視聴率が取れるのか。それは、皆揃って憧れの職業だからでしょう。
小学生の子どもさんに聞いたことがあります。「大きくなったらなりたいお仕事は何ですか」。と聞くと、「お医者さん」と言う子どもさんが多いことに気づかされます。病院へ行って、ケガや病気を治してくれる人になりたい。立派なお医者さんになりたいと繋がるのでしょう。
そんななか、悲しきなか、「お坊さんになりたい」と子どもさんから言われたことがありません。一般的に世間からはお坊さんは偉くないのです。お坊さんにはなりたくないのです。
小生、僧侶は死後の世界を語るだけではなく、人生・未来を作れる存在でありたいと願い思うのです。
そのためにはまず魅力のある人を惹きつける僧侶になれるように努力すべきだと自身に言い聞かせております。
「僕も大きくなったらお坊さんになりたい」と言われる僧侶・お坊さんになりたいものです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝   
d0184114_22433987.jpeg

by junshoji | 2018-03-19 22:42 | 住職日記

<< 寒暖差      春の彼岸会法要 >>