一回飲むだけのお薬   

2018年 03月 16日

 昨日とは一転。再び寒くなってきました。三寒四温の季節です。体調管理には十分気をつけましょう。
そんななか、インフルエンザですが、今年は特に猛威を振るいました。A型と同時にB型も流行り、患者数が急増しました。ほとんどの小学校では学級閉鎖が実施されました。インフルエンザは特に幼い子供さんからうつりやすく学校・集団生活の中で一気に広がったようです。
さて、そのインフルエンザにかかった際に出される医薬品・お薬ですが、これから一回飲むだけで効くお薬が発売されるそうです。そのお薬の名は『ゾフルーザ』というそうです。これまでよく使われていた『タミフル』は、5日間飲み続けなければならなかったのですが、このお薬は、たった一回飲むだけで、インフルエンザウィルスの増殖を抑えて、尚且つ、ウィルスが耐性・効きにくくなった時でも効果があるそうです。
お薬には必ず副作用があると、浅はかながら小生は思っています。昔のお医者さんは、「インフルエンザにかかったらとにかく寝て安静にしておきなさい」。「熱が出るのは身体が病気・ウィルスと戦っている証だよ」。と言われお薬を出さない先生がおられました。それを信じたおかげか大人になってからは、あまり自慢することではないですが、インフルエンザにかかった記憶はありません。これまで予防注射もしたことがありません。
お薬に頼らないことに越したことはありません。そう思うのです。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_21294022.jpeg

by junshoji | 2018-03-16 21:28 | 住職日記

<< 講演会      宇宙論 >>