真実はひとつ   

2018年 03月 12日

 前代未聞の大事件が発生しました。森友学園との国有地取引に関して、決裁文書の書き換えがあると疑われていましたが、財務省は、書き換えがあったことを認めました。
財務省と言えば、省庁の中のトップであります。それが、決裁文書を書き換え、その書き換え・改ざんしたものを国会に提出していました。これはあきらかに、公文書管理=虚偽公文書作成罪・大きな罪にあたると言われています。信じられませんが何と、公文書を書き換えたのです。何故こんな事態が起こるのか。何故嘘を言うのか。誰の指示で書き換えられたのか。悲しいことに、この事件で財務省近畿財務局のお若い職員が自殺されました。この事件の重み,深みを感じずにはおれません。
官僚・財務省理財局だけの判断で文書を書き換え・改ざんされたとは普通には考えられません。もっと上からの指示があったと誰しも疑わずにはおれません。これは極めて悪質だと言えます。
この期に、前理財局局長であった国税庁長官が辞任しました。辞任したから責任を取ったというのは不甲斐ないと言えます。
国民は、何のために誰が指示し改ざんしたのか、真実を知る権利があります。指示した最高責任者の最終決断が問われます。この際、すべてを正直に国民にあきらかにすべきであります。決して軽い問題ではないのです。
民主主義とは何かと問われる大きな問題ではないでしょうか。
今後の進展・言動を国民は見ています。政治家・官僚は国民を甘く見てはいけません。因果応報を忘れてはいけません。必ず我が身に振り返ってきます。
合掌 南无阿弥陀佛 善本秀樹 拝
d0184114_22255722.png

by junshoji | 2018-03-12 22:25 | 住職日記

<< 信用失墜      あれから7年 >>